2017年3月23日(木)東京・会計情報活用法

このセミナーは終了しました

会計情報を経営に活用するために

社長になった以上、決算書くらい読めないと、、、

次期後継者だから、会計を勉強しておかないと、、、

 

多くの社長たちは”決算書”を学ぼうとします。

そしてその入り口が”会計”です。

 

では、経営に使える会計とは何でしょうか?

社長と後継者の方たちには、会計学という学問ではなく

”会計という仕組み・会計の本質”と”会計情報そのもの”を

学んでほしいと思います。

 

そこで今回は、この先の経営を考えるうえで必要な

社長のための会計情報、社長が使える会計情報

とは何か、に焦点を当てました。

 

社長のための会計情報・社長が知っておくべき会計情報とは

会計から得られる情報は ”過去情報” です。

それは管理会計であっても同じです。

 

どれが使えるのか

どれを使ってはいけないのか

 

社長がこの先、経営の舵取りとして会計情報を使うためには、

会計情報(会計データを含む)の整理が必要になります。

 

会計からしか得られない経営情報は3つあります。 

この”3つの過去情報”の質を上げていかないかぎり

この先の”未来情報”は作れません。

 

今回のセミナーではこの3つの情報の重要性と、

未来の会計情報のもとになる会計データの作り方、

そして、企業が日々行っている経理処理にまで踏み込みます。

 

そのため、社長と経理担当の方が一緒に参加されると

より効果的です。

 

MQ会計の基本的な話に加え、”社長のためのキャッシュフロー”の話もあります。

これまで好評をいただいた、

「東京・MG研修2日間【特別編】社長のためのキャッシュフロー」

講義をさらにレベルアップして組み込みました。

 

いまの会計に疑問を感じている

決算書がよくわからない

 

じゃあ、この先どうする! 

 

そんな社長や後継者の方、 

そして

 

顧問先企業へのアドバイスのヒントがほしい

企業のために会計情報を活用したい 

 

税理士やコンサルタントなど、企業を指導する立場の方も

ぜひご参加ください。

 

セミナーでお伝えしたい内容は、、、

第1部 税務会計・管理会計・MQ会計
 1.税務会計と決算書
 ・決算書に関する簡単な質問
 ・税務会計と税務署仕様の決算書
 ・決算書を作る意義と必要性
 ・会計はカネ勘定、経営はカネ儲け
 ・だから税理士の言うことを聞いてはいけない
 2.戦略MQ会計のすすめ
 ・G=経常利益?それは間違いです!
  (世の中”MQ会計もどき”が溢れている)

 ・MQ会計の基礎を学ぶ

 ・月次決算はほんとうに役に立つのか
 ・9割の社長が実行したくなる未来が見える仕組み
 
第2部 MQ会計を活用するために押さえておきたいこと
 ・変動費・固定費で考えてはいけない
   変動損益計算書で会社を分析していませんか?)
 ・100人中、99人の会計専門家が間違った利益の計算 
 ・MQ会計の本質に迫る
 売上で経営を考えると意思決定を誤る
 Qについて考える 
 Vについて考える 
 会計の常識は経営の非常識
   MQ会計の初心者が陥りやすい間違いとは?)
 製造業・建設業におけるMQ会計の基礎
 経常利益率10%以上が望ましい? MQ会計で考えると、、、
 
第3部 社長のためのキャッシュフロー
 キャッシュフローの話のまえに

 キャッシュフロー計算書とは

 減価償却とキャッシュフロー

 なぜ減価償却費をプラスするのか

   減価償却を加算する本当の理由)

 間接法で作ったキャッシュフロー計算書は辻褄合わせの表にすぎない

 税理士はキャッシュフロー計算書の解説をしてはいけない!

 社長が知りたいのは未来のキャッシュフロー

 マトリックス会計のはなし(特別講義)

 

第4部 社長のための会計情報活用法
 会計からしか得られない3つの情報
 会計情報の定義(過去情報と未来情報)
 社長にとって質の高い情報とは
   会計情報の質を問う/質の高い過去情報)
 〇〇は会計情報そのもの  
 税理士は誰のために〇〇をしているのか!
 ・社長にとって重要な日次資金繰りのススメ
 ・事務処理の改善を邪魔する要因
 利益計画を作る際の基本的な考え方 
   計画の位置付け/計画は事業の基本的枠組みそのもの)
  
【ご注意】
 ※)セミナーをより効果的にするために開催までの間も改良を続けます。
   一部内容が変更になる場合があります。
 

セミナーで配付するテキストです

 

テキストを配付します。

●利益が見える戦略MQ会計(A4版・73ページ)

 

・具体的な活用事例を交えながらセミナーを進めます。

 ご自身の会社に当てはめて考えながら聴いてみてください。

・テキストの内容は下のもくじの画像をご覧ください。

 

【講 師】 宇野 寛

株式会社 アイティーエス 代表取締役

株式会社 西研究所 客員研究員

 

13年間の会計事務所勤務を経て、ソフトウェアプログラマーに転職。その後、MQ会計とマトリックス会計の研究を続けて16年、企業への導入の お手伝いをしています。 

2009年12月に出版した西順一郎先生との共著「利益が見える戦略MQ会計(かんき出版)」は、中小企業経営者の方たちに衝撃を与えています。 

 利益が見える戦略MQ会計(かんき出版)

 

  経営指導した15,000社が 黒字体質に変わった! 

  売上を減らしても利益を出せる!

  原価や経費を増やしても利益を出せる! 

  経営情報を使いこなして儲ける技術 

 

 

日  程

 2017年3月23日(木)

時  間  9時20分~16時40分(受付は9時10分から)
定  員  先着25名

参加対象

 社長にかぎらず、どなたでも参加できます

会  場

 連合会館
 東京都千代田区神田駿河台3-2-11
 電話番号:03-3253-1771(代)
 
会場の地図は ⇒ こちらです

 近隣ホテルの紹介は ⇒ こちら

アクセス

 <地下鉄>

 ・東京メトロ千代田線は「新御茶ノ水駅B3出口(徒歩0分)」

 ・東京メトロ丸ノ内線は「淡路町駅B3出口 

  (B3出口まで徒歩5分)

 ・都営地下鉄新宿線は「小川町駅B3出口 

  (B3出口まで徒歩3分)

  B3a・B3b出口は違う方向へ出ますのでご注意ください

 <JR>

  ・JR中央線・総武線は「御茶ノ水駅/聖橋口(徒歩5分)」

講  師

 株式会社アイティーエス
 代表取締役 宇野 寛

 株式会社西研究所 客員研究員 

問合せ先

 セミナーに関するメールでのお問合せはこちらまで

 電話でのお問合せは

 山形ITS 宇野寛・090-3754-0126

事 務 局

 MQ会計セミナー運営事務局 東京・オフィスサポート

持 ち 物

 筆記用具、 使い慣れた電卓(楽な服装でご参加ください)

そ の 他

 昼食を準備しています (昼食中のご質問、大歓迎です) 

セミナーのお申し込みはこちらから

●お申込後に届く自動返信メールをご確認ください。

 自動返信メールが届かない場合には、メールアドレスが間違っているか、

 迷惑メール扱いになっている可能性があります。

●自動返信メールが届かない場合には、

 ⇒ こちらからお問合せください