ある税理士の本音・会計人のための戦略MQ会計

 ■「利益が見える戦略MQ会計」が2009年に出版され、

  『MQ会計(※注 』という名称が広く知れ渡るようになりました。


  ※注)『MQ会計』は、これを考案開発された西順一郎先生の会社、

     株式会社西研究所の登録商標です。

     P、V、M、Q、PQ、VQ、MQ、F、G は

     西順一郎先生の著作物です。


  そして、ある税理士の方からメールをいただきました。

  了解を得て掲載した当時のメルマガです。


 

 【 マトリックス通信 2010年1月12日号・ある税理士の本音 】

 

  メルマガで「利益が見える戦略MQ会計」の出版を知り期待していました。

  書店に予約をして発売日に購入、すぐに読みました。

  私のMQ会計に対する勝手な見解を述べたいと思います。

 

  ○「儲けるためには」と考えた場合たしかに今の制度会計は向いていない

   しかし、現状は税務会計のデータを使わざるをえない

 

  ○これまでの考えを大きく変えなければいけないため、かなり抵抗がある

 

  ○利益感度分析はわかった、日次決算もわかった、

   それを顧客に指導したとしても、

   MQ最大化のための具体的な行動までは指導できない

 

  というような、ネガティブな考えも頭に浮かびました。

  それでも、私のセミナーやお客様の指導に使わせていただいています。

  そのうえで、さらに勝手な見解を述べると、

 

  ○これまでの税理士のやり方や会計には、

   たしかに科学的でない部分があるが

   しかし、税理士の影響力などを考えると

   多くの企業に戦略MQ会計を普及させるためには

   その力を使わざるを得ない

 

  ○宇野先生や少数の人だけではマンパワーに限界がある

 

  ○MG研修は1泊2日と時間がかかる

 

  そこで、戦略MQ会計を普及させるために、

  税理士向けの講座を開いていただけないでしょうか。

 

  勝手なことをいろいろ書かせていただきましたが、

  期待しておりますので、よろしくお願い致します。

 

 

 ■私自身、企業に伺ってMQ会計導入のお手伝いをしていますが、

  たしかに限界があります。

  MQ会計は会社の業績アップ、社員の幸せにまで繋がります。


  しかし、


  「ほんとうに使ってほしい小規模企業や個人事業主の方たちに

   MQ会計を浸透させるには、一番身近な存在の税理士に

   【ほんとうに役に立つMQ会計】を理解してもらう必要がある」


  と、常々考えていました。



■2013年4月、東京で「MQ会計【基礎+活用編】」のセミナーを

  開催したときのことです。配付する資料に、彼のメールを載せました。

  MQ会計に熱心な税理士がいる、ということを紹介したかったからです。


  そのときです。

  目の前に座っていた一人の税理士が、


  「あっ、それ、私が書いたものです」


  「えーっ、そうだったんですか?」


  文章の内容だけが頭に残っていて、

  誰からもらったメールか、まったく記憶になかったので、

  セミナー会場にいた誰よりも、私が一番驚きました。


  「えっ、ほんとに?」


  何度か聞き返しました。

  その後も、頭から離れません。

  一度会って話を聞きたくなりました。


          ★


  それがきっかけで、職業会計人の方たちにも十分に満足していただける

 【戦略MQ会計講座・活用+実践!応用編】を開催することにしました。


  MQ会計を活用して何とかしたい、という会計人の方はぜひ、ご参加ください。

  日程、セミナー内容などの詳細はこちらです。

  ⇒ 利益が見える戦略MQ会計・活用+実践!応用編

 

こちらもいかがですか