Vol.293【第2話・あるレストランでの出来事】

 【第2話・あるレストランでの出来事】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ■□  戦略MQ会計・DC・マトリックス会計
 ■□   社長のための会計学 【 マトリックス通信 】
 ■■   Vol.293 2012/05/10
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
■教育研修や人材育成など、
 各企業で行われている社員研修はさまざまです。
 
 ○ しつけ・マナー
 ○ 資格、免許の取得
 ○ 実務のための知識や技術などの習得
 ○ 実務遂行のためのスキルアップ訓練
 ○ 新しい知識や技術の講習
 
 しかしその結果、
 
 ○ 人の言うことを聞かない
 ○ 言われたことができない
 ○ 言われたことしかしない
 ○ 考えて行動しない
 ○ 行動に出られない
 
 ○ 創意工夫ができない
 ○ あたり前のことができない
 ○ 自覚が足りない
 ○ 結果を出せない
 
 ときどき考えます。
 
 企業で行う教育研修は
 本当に組織、社員にとって役に立っているのでしょうか?
 何をもって教育研修の効果と考えるのでしょうか?
 
 同じ内容、同じ話でも、それぞれの立場、あるいは人によって
 受取り方や感じ方が【まったく】違います。
 
 最後は、その人【本人】だと思います。
 
 
■さて、今回は、
 全国展開しているレストランの話。
 
 あなたが社長だったら
 あなたが社員だったら
 この話を聞いてどう思うでしょうか。
 
 場所は東京、
 この日は日曜日です。


 閉店まであと3時間ほど、
 どこかの年配の団体が店内の一画を占領しています。
 
 落ち着いて仕事をしたかったので、
 
  ★ここの席、いいですか?
 
 店が混んでる時間帯にだけ開放する奥のテーブルにつきました。
 
  ☆よろしいですよ
   ご注文が決まりましたらお呼びください
 
 
■しばらくして、注文をとりにやってきた彼女は
 三十代なかばくらいです。
 
  ☆ご注文はお決まりでしょうか
 
  ★ピザとサラダと生ビールをください
   それと、割り箸とタバスコもお願いします
 
 店内には彼女一人です。
 
  ★いまの時間帯は一段落でしょう
 
  ☆そうですね
 
  ★ここのメニュー安くていいですね
   コンビニで買うのと同じくらい
   ワインも安くてうまいし、、、
 
 
■ところが彼女は一瞬顔を曇らせ、
 その後、驚くような答えが返ってきたのです。
 
  ☆わたし、ここを辞めるんです!
 
 そして、
 早口でしゃべり始めました。
 
  ☆時給の割りには作業はきついし、
   それに、ここのやり方にはついていけません
 
  ★そうなんですか?
   でもここは名前も知れ渡った全国チェーンだし
   待遇はいいでしょう
   そんなふうには見えませんけど
 
  ☆上の人たちはみんな威張ってますし、
   朝礼なんかすごいんです
   一方的だし、
   軍隊のように命令されて、
   こういう雰囲気、わたし嫌なんです
 
 と言って去っていきました。
 
 
■初対面の私に、
 それもお客に対して
 このようなことを言ってくるということは
 
 ○ 直前によっぽど嫌なことがあったのか
 ○ よっぽどひどい上司だったのか
 ○ 自分がわがままで耐えられないだけなのか、、、
 
 本人にしてみれば、
 会社の売上が落ちようと、
 店の評判が悪くなろうと、
 潰れようと
 おそらく関係ないのでしょう。
 
 正社員であれパートやアルバイトであれ、
 このような人は現実に【いる】ということです。
 
 いくら教育を受けようが訓練しようが
 変わらない人もいるのかもしれません。
 
 フツーに考えたら
 とても許されることではありません。
 
 しかし、経営者側から見れば「フツー」であっても
 彼女らから見ればこれが現実であり
 とても重要な【問題】なのです。
 
 おそらく彼女は、辞めた後もしばらくは
 この店の悪口を言いふらすに違いありません。
 
 「知らぬは社長ばかりなり」
 
 なのかもしれませんね。
 
 
■ところでいま、このレストランで原稿を書いています。


 「企業は社長によって決まる!」と言われます。
 働いている社員の意識が高いか低いかも、社長次第です。
 
 社長は方向を示す人です。
 舵取りをする人です。
 
 ある本に次のようなことが書いてありました。
 
 ○ 方向性を示せない会社の社員は哀れだ
 ○ 志(こころざし)のない社長についていく社員は惨めだ
 ○ 理念や信念のない社長の下で働く社員は
   どこに着くかわからない船に乗っているようなものだ
 
 しかし、私はそうは思いません。
 
 社長が方向性を示さない会社で働いている社員は
 けっして哀れではありません。
 
 志(こころざし)のない社長についていく社員は
 けっして惨めではありません。
 
 本当に意識の高い社員は
 このような社長のもとを去っていくはずです。
 
 そして、そういう社長のもとには
 自然とそれなりの社員が集まってくるのです。
 
 ○ わけのわからない理念や志(こころざし)などどうでもいい
 ○ そんなものない方が楽だ
 ○ 何も考えずにただ作業さえしてればいい
 
 と思う社員も、たしかにいるのですから。
 
 いずれにしても、
 すべては社長の責任100%です。
 
 ★ 赤字なのは社長の責任、黒字が出たら社員のおかげ
 
 知り合いだったY氏が、生前言っていた言葉です。
 私もそう思います。
 
----------------------------------------------------------------------


●社員の多くは自分のために生きているのであって、
 会社の理念やビジョンのために、
 自分や家族の人生を犠牲になんかしてくれません。
 
 社員側が求めるビジョンというものは、
 「この会社にいたら、この先、いいことがあるに違いない」
 という未来予想なのです。
 
 ☆『儲ける社長の「頭の中」』かんき出版 川合善大・著
 
 からの一節です。
 
 あなたが社長だったら
 あなたが社員だったら
 今回のメルマガを読んでどう思ったでしょうか。
 
▼ご意見、ご感想をドシドシお寄せください。次回もお楽しみに。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【発行元】株式会社アイティーエス http://www.mxpro.jp/

【発行責任者】宇野 寛  

【メルマガ登録・解除は】 http://goo.gl/5KMT67

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ※ブログやホームページ等への無断転載を禁止します。

  ただし、知人・友人への転送、社内での回覧はご自由にどうぞ。

  その際は全文を改変せずにご利用ください。

 

 

 【無料メルマガ】

 社長のための会計学 マトリックス通信

  ⇒ 最新バックナンバーはこちらから

 

 この先どうする!

   売上を増やすと、、、本当に利益が増えるのですか?

   経費を減らすと、、、本当に利益が増えるのですか?

   製造原価を下げると、、、本当に利益が増えるのですか?

 

 経営指導した15,000社が黒字体質に変わった!

   『利益が見える戦略MQ会計(かんき出版)』の著者が書き下ろす

   社長のための会計学です。

 

   メルマガをご希望の方は ⇒ こちらからご登録いただけます

 

 

社長のための会計学

【無料メルマガ】

 マトリックス通信

 最新バックナンバー