Vol.294【第3話・ある居酒屋での出来事】

 【第3話・ある居酒屋での出来事】

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ■□  戦略MQ会計・DC・マトリックス会計

 ■□   社長のための会計学 【 マトリックス通信 】

 ■■   Vol.294 2012/05/17

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

  

 MQ会計をマスターすると会社は儲かるんですか?

  

 以前、こんな質問を受けたことがあります。

 

 ○ MG研修に参加するとうちの会社、良くなるんですか?

 ○ 決算書が読めるようになると業績が良くなるんですか?

 ○ コンサルタントに依頼すれば資金繰りが良くなるんですか?

 

 という質問と一緒です。

 

 もちろん、そんなことはありません。

 

 

 これからご紹介するのは

 『原価を下げるとどうなる?ある居酒屋での出来事』

 

 世のなかの常識では、

 「原価を下げれば利益は増える」です。

 しかしMQ会計で考えれば「原価を増やして利益を増やす」

 という発想もできるようになります。

 

 MQ会計のよさは、

 

 ○ 会計データを使って現状をわかりやすくする

 ○ 社長にとってこの先がわかりやすくなる

 

 です。5つの要素(P・V・Q・F・G)で考えるから

 未来がわかるようになるのです。

 

 ○ MQ会計を知らなくてもMQは増やせる

 ○ MQ会計を知っててもMQは減る

 

 という内容を【行間】から読み取ってほしいと思います。

 

 そして、店員の対応や電話の対応、何気ない心配り、、、

 これらも、結果的にMQに反映される重要な要素だと思っています。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

■関東方面へ出張中の出来事です。

 戦略MQ会計の【応用編】がそのまま使えそうな事例に出会いました。

 

 仕事が終わって駅へ向かう道すがら、ふと目にとまった居酒屋の看板。

 

 ○生ビール 390円

 ○一品料理 280円から

 

 そして、入り口のメニューを見ると

 

 「おっ安い!」

 

 でも、居酒屋のチェーン店ではないようです。

 

 

■翌日の打ち合わせもあるので

 さっそく中に入りました。

 

 二人用の席に座ろうとすると

 

 「お客さん、こちらへお座りください」

 

 半ば強引に誘導されます。

 

 10人以上が座れるような大きなテーブル、

 話がしやすい席を選ぼうとすると

 

 「お客さん、『ここ』と『ここ』にお座りください!」

 

 座席は完全に「指定」されてしまいました。

 来た順番に奥から詰め込まれる、

 といった感じでしょうか。

 

 ○とりあえず生ビールの「中」を二つ

 

 

■メニューを見ると

 うまそうな一品料理の写真が載っています。 

 

 そして金額も、、、 

 ほんとに安い!

 

 「すみませーん。

  ねぎまみれひとつ、冷やしトマトひとつ」

 

 どちらも280円です。

 

 まもなくビールが来ます。

 

 「とりあえず乾杯!」

 

 しかし、なんか、変な感じです。

 ビールの容器がどうみても小さいのです。

 明らかに【小】のジョッキ。

 

 ところが、、、 

 

 そのあと運ばれてくる料理は、、、

 

 なんと、、、

 

 

■そんなことは、もちろん知る由もなく

 追加料理を頼みます。

 

 「すみませーん。

  豚の角煮(380円)ひとつ、XX刺身(380円)ひとつ」

 

 さほど広くもなく、狭くもない店内で

 働いている人は全員が「おばちゃん」です。

 それも結構「高齢者」の方たち。

 

 チェーン店の居酒屋は若い人が多いのですが

 ここはどうやら違う世界のようです。 

 

 さて、いよいよ料理が運ばれてきます。

 まずは「ねぎまみれ」

 

 メニューを見たとき

 「ねぎ」の二文字に目が奪われました。

 「青々としたねぎ」がおいしそうに写っています。

 

 ねぎまみれ、初めて聞く料理名です。

 

 ところが、目の前にある「ねぎまみれ」、

 なんか雰囲気が違うのです。

 

 

■そして「冷やしトマト」の登場です。

 これもどこか雰囲気が違います。

 しかし金額はどちらも280円。

 

 まずは「ねぎまみれ」の試食です。

 やっぱり、なんか違うのです。

 

 そこでメニューの写真と見比べてみました。

  

 メニューでは「青々」としているのですが

 目の前の「ねぎまみれ」は「白々」としているのです。 

 

 よーく見ると、、、

 

 なんと、、、

 

 ねぎではなく

 

 【もやし】

 

 だったのです。

 

 ねぎはほとんど入っていません。

 

 

■そして、ついに、、、

 

 「おばちゃーん

  ちょっと、ちょっと、

  これがどうして『ねぎまみれ』なのですか?

 

  『ねぎ』なんか、どこにも入ってないでしょ。

  どう見ても『もやしまみれ』じゃないですか。」 

 

 おばちゃんは、

 その「ねぎまみれ」を厨房にもって行きました。

 

 何かを話合っている様子、

 

 ところがいつまでたっても

 何の対応もありません。

 

 仕方なく、運ばれてきた「冷やしトマト」を食べてみました。

 でも、やはり、なんか、違うのです。  

 

 よーく見ると

 トマトがとにかく「薄い」、

 1.5ミリから2ミリくらいの厚さです。

 

 そして、切られたトマトをひとまとめにしてみると

 大きさが四分の一しかありません。

 

 薄く切ることで

 量が多いように見せかけているわけです。

 

 

■もう一度、メニューの写真と見比べてみました。

 

 メニューでは、

 いかにもおいしそうに【肉厚】に切られ【1個】のトマトが

 皿に【きれいに】盛り付けてあります。

 

 「おばちゃーん

  ちょっと、ちょっと、

  このトマト、

  メニューの写真とぜんぜん違うでしょ。」

 

 「メニューでは1個なのに

  どうして4分の1なんですか。

  どうみてもこれはおかしいでしょ。」

 

 

■その後、いつまでたっても

 「ねぎまみれのクレーム」に対する

 返事がありません。

 

 おそらく、

 責任者は顔を出さずに

 店員のおばちゃんに、

 つまり現場に

 

 【その場を何とか解決する(取り繕う)ように】と、 

 

 もめていたのではないでしょうか。

 

 「追加の料理はキャンセルしてください。」

 

 もうこれ以上、この店にいる気にはなれません。

 

-------------------------------------------------------------------------------

 

■では、今回の状況を整理してみましょう。 

 

 ○店頭のメニューを見て価格が安いので中に入った。

 

 ○メニュー(カタログ)を見て注文した商品が

  表示(写真)と大幅に異なっていた。

 

 ○店員にクレームを言ったが

  厨房に行ったきり一向に来る気配がない。

  そしてこの店の店長はお客の前に出てこない。

 

 ○客は怒って店を出ようとした。

 

 ○それでもなんのアクションも起こさない。

 

 

■飲食店に限らず、

 

 お客を無視したコスト削減は、結果的に利益を減らすことになる

 

 ということを、この店の経営者はわからないのです。

 

 ○原価を下げると利益は増える

 ○原価低減、コスト削減

 

 もしかしたら、

 大変なことになるかもしれません。

 

 「ねぎまみれ」が「しゃっきんまみれ」になる前に

 経営者の意識が本当に【お客】のほうを向いているかを、

 もう一度、考え直さなければならないようです。

 

 

■伝票を持ってレジに向かいました。

 レジにもおばちゃんがいます。

 

 「ずいぶん対応が悪いですね。

      経営者の方はどなたですか?」

 

 なんとレジにいるそのおばちゃんが【経営者】だったのです。

 そして、隣には

 まだ若い男性が【黙って】ポツンと立っています。

 おそらく息子かもしれません。

 

 ○果たしてこの店の運命はいかに、、、

 

 ある居酒屋での出来事でした。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

 ○原価(コスト)を下げれば利益が【増える場合もある】

 ○売上が増えれば利益が【増える場合もある】

 

 「原価を減らすと利益は増える!」は、今の制度会計の常識。

 

 しかしこの先、儲け(利益)を増やそうとする場合、

 これまでの会計の常識は通用しないということを

 感じていただければと思います。

 

 

社長のための会計学

【無料メルマガ】

 マトリックス通信

 最新バックナンバー

 

 申込みをされた方が当日参加できない場合には、

  代理の方がご参加くださいキャンセルはご遠慮ください。