Vol.345【利益計算の根拠を考える事例2つ】

 【利益計算の根拠を考える事例2つ】

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■□  戦略MQ会計・DC・マトリックス会計

■□   社長のための会計学 【 マトリックス通信 】

■■   Vol.345 2014/04/24

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

 3月26日に東京で開催した

 『会計人のための利益が見える戦略MQ会計【プロフェッショナル編】』

 にも参加され、MQ会計を現場で実践されている税理士のTJさんから、

 メールをいただきました。

 

  ●宇野さん、おはようございます。

   ある税理士のホームページです。 

   このようなことを関与先企業にアドバイスしていると思うと、

   とても驚きで残念です。

 

  (ホームページより引用、一部要約しています)

 

   「簡単に値引き、してませんか?」

   当事務所では、小規模企業の経営改善計画を策定するための

   お手伝いをしています。

 

   利益を増やための大原則、それは、

 

   1.固定費を減らす

   2.粗利益率を上げる

   3.売上を増やす

 

   たった3つだけです。

 

   1の経費の削減と3の売上アップのためのアイデアは

   比較的出やすいのですが、

   問題は「2.粗利益率を上げる」です。

 

   手っ取り早いのは「仕入れ単価を下げる」です。

   しかしこちらの仕入は、仕入先の売上です。

   すんなりとは応じてくれません。

 

   ということは、

   自社で行っている「値引き」を見直さなければなりません。

 

   ここでもう一度考えてほしいことは、

 

   「得意先から値引きを要求されて、簡単に応じていませんか?」

   「値引きの見直しで粗利益率1%アップはできませんか?」

 

   ということです。

 

   値引きを減らすことで1%の粗利益率を改善すれば

 

   ・売上1億円の場合は100万円の利益アップ

   ・売上5億円の企業では500万円の利益アップ

 

   につながります。

 

   会社は利益がないと継続できません。

   売上アップは目的でなく手段です。

   「値引き」はけっこう見落とされがち。

 

   たとえば社内ルールで値引きの範囲を決め(3%までとか)、

   それぞれの役職で値引きの決裁枠(部長はいくらまで等)

   を決めておかないといけませんね。

 

--------------------------------------------------------------------------------

 

 次に紹介する事例も

 『会計人のための利益が見える戦略MQ会計【プロフェッショナル編】』

 に参加された税理士TTさんからいただいたメールです。

 

  ●宇野さん、先日東京でのプロフェッショナル編に

   参加させていただいた税理士のTです。

 

   ある税理士が書いた本を読んでいたら、

   とても気になる部分を見つけました。

   この本に書かれていることに、大いに疑問を感じます。

 

   ※注)Tさんのメールには疑問に思う部分と根拠が示されています

 

  (その書籍の一部を引用、要約しています)

 

   あるスーパーマーケットで、

   利益アップのために販促セールを企画しました。

   商品は今回新発売する「缶ジュース」です。

 

   定価は1本100円、仕入れ値60円。

   社内で検討した結果、2つの案が出ました。

 

   <A案>

   缶ジュース5本を1セットにして、定価の15%引きで売る。

 

   <B案>

   缶ジュース6本をセットにして5本分の定価500円で売る。

   「5本買うと無料で1本ついてくる」という商品構成、

   結果的に600円の商品を16.7%offの500円で販売する。

 

 

   この場合の比較のポイントは

   「缶ジュース1本あたりの販売価格」です。 

   なぜなら、仕入れ値はA、Bどちらも同じだからです。

 

   A案では「100円×5本=500円」の15%引きなので売値は425円、

   1本あたりに計算すると「425円÷5本」で85円 です。

   したがって1本あたりの粗利益は85円-60円=25円、

   粗利益率29.4%となります。

 

   では、B案の場合はどうでしょうか?

   売値は「100円×5本=500円」、これに1本おまけがつきます。

   1本あたりの売上は「500円÷6本」で83.3円です。

   したがって1本あたりの粗利益は83.3円-60円=23.3円、

   粗利益率は28%になります。

 

   1本あたりの販売価格は「売上総金額÷販売総数量」で求めます。

   ですから、おまけで付けた分も計算に入れなければなりません。

 

   さて、あなたがこの店の店長だったら、

   A案、B案どちらを選びますか? 

 

--------------------------------------------------------------------------------

 

■今回メールをいただいたお二人の税理士は、MQ会計を学んでいます。

 

 通常、見過ごすような事例でも、

 MQ会計に置き換えて考えると「えっ?」という部分に気が付きます。

 

 会計で考えれば当たりまえだと思っていることが、

 「おかしい!」と気付くのです。

 

 とくに2番目の問題、

 MQ会計で考えると「ものすごく奥が深い問題」です。

 

 ご自身のMQ会計に対する理解度、経営への活用度合いが測れ、

 この先の利益を考えていくうえでも【ものすごく良い問題】だと思います。

 

 そして、

 

 「税理士の方たちにこそMQ会計の本質を学んでほしい!」

 

 と感じました。

 

 税理士Tさんのメールにもあったように、

 この文章を読むかぎり、たしかに誤りも含めて疑問が生じます。

 

 MQ会計ではこれをどう考えればいいのか、

 読者のみなさん、ぜひ、挑戦してみてはいかがですか。

 

 

社長のための会計学

【無料メルマガ】

 マトリックス通信

 最新バックナンバー

 

 申込みをされた方が当日参加できない場合には、

  代理の方がご参加くださいキャンセルはご遠慮ください。