Vol.346 【社員の不満】

 【社員の不満】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■□  戦略MQ会計・DC・マトリックス会計
■□   社長のための会計学 【 マトリックス通信 】
■■   Vol.346 2014/05/08
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
 
■地下鉄の電車内での出来事。
 ビジネスマン風の男性二人が会話しています。
 
 
 「うちの会社、人の使い方が下手だよなぁ」
 
 「そうそう、あれだけ人がいるのに、まだ採用するつもりなんだから」
 
 
 幹部かもしれないこの二人は会社の現状について
 不満ともとれるような意見を言い合っています。
 
 
 「そういえばさあ、僕の部門の成績、会議のたびに言われるんだよね」
 
 「なんかわからないような経費が、いつも最後にどーんとくるわけさ」
 
 「あれがなければ、ちゃんと利益を出しているはずなのに」
 
 
 「そうそう、俺も思うよ。本社はどういう根拠で割り振っているのかね」
 
 
 この二人は、九段下で降りていきました。
 
 
----------------------------------------------------------------------
 
■ここにひとつのケーキがあります。
 直径30センチ、高さ20センチくらいの大きな丸いケーキです。
 デコレーションがない誕生日のケーキをイメージしてください。
 
 これを4人で均等に分けることにしました。
 
 普通に考えれば
 
 ○まず真ん中から半分に切る
 ○さらに90度直角にまた半分に切る
 
 そうすると、ケーキを4等分することができます。
 
 たとえば4人兄弟。
 モノサシできちんと測って分割すれば、
 誰からも文句は出ないはずです。
 
 均等に分けるのであれば、誰でも簡単に行えます。
 しかし、これを
 
 ○身長の割合で分ける
 ○体重に比例して分ける
 ○年齢に応じて分ける
 
 もし、このようにしたらどうなるでしょうか。
 
 身長の大きい人は喜びます。
 体重の重い人は嬉しがります。
 お兄ちゃんはたくさん分けてもらえます。
 
 ただし、ケーキ(分け前)が欲しいという前提ですが、、、(^^
 
 
 いや、これでは不平等だ! ということで
 分ける基準を次のようにしたとします。
 
 ○身長は高い順にしよう
 ○体重は逆に軽い順にたくさん配分しよう
 ○年齢は、、、どうしようか?
 ○最後は、、、えいやーっと、じゃんけんだ!
 
 
 たとえ、どんな分け方をしたとしても、
 分配される側からみれば、どこかに不満が残ります。
 いずれにしても、自分に都合のいい分け方を、望みます。
 
 
 
■では先ほどの、ビジネスマンの会話です。
 
 たとえば、ケーキではなく、かりにボーナスの配分だったら
 金額が多いに越したことはありません。
 
 しかし、現実はケーキやボーナスではなく、
 「本社経費」なのです。
 
 本社経費になったとたんに、
 彼らにとっては【少なければ少ないほど良い】となります。
 
 
 「宇野さん、今回は何を言いたいんですか?」
 
 
 そう、これは部門別損益を管理すること、
 つまり、利益を生まない本部経費(共通費)をどうするか、
 という問題なのです。
 
 ケーキやボーナスはたくさん配分(配賦)されたほうがうれしいですが、
 本社経費は「どうして?」って考えてしまいます。
 
 配賦の方法をいくら考えても、
 配賦される側からすれば全員が満足することはありません。
 
 一番最悪な配賦方法、それは
 
 ○ケーキ全体の3分の1は身長の大きい順、
 ○3分の1は体重の軽い順
 ○残り3分の1は、年齢順
 
 つまり、
 
 ○本社経費の3分の1は売上高割合、
 ○3分の1は人件費割合、
 ○残り3分の1は均等、、、
 
 というような、わけのわからない根拠です。
 
 
 
■先ほどのビジネスマンの会話を聞くと、
 
 おそらく、根拠の説明のないまま、
 一方的に配賦されているのでしょう。
 
 たぶん、根拠の説明を受けても納得などできないかもしれません。
 
 ではどうするか?
 
 続きはこちらからご覧いただけます。
 
 
 5月14日(水)までの期間限定での公開です。
 
 
 
 
----------------------------------------------------------------------
 
▼税務経理協会から出版された「会計はなぜ、マトリックスがいいのか」の
 もとになった小冊子です。
 詳しくはこちらから ⇒ http://goo.gl/ckb0Gr
 
 
▼MQ会計がはじめてで興味を持たれた方はこの冊子がおススメです。
 「利益が見える戦略MQ会計(かんき出版)」のもとになった小冊子です。
 詳しくはこちらから ⇒ http://goo.gl/lGnpza
 
 
▼ご質問、ご意見、ご感想をドシドシお寄せください。
 
 宛先は ⇒ ITS宇野寛 uno@its-mx.co.jp
 
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【発行元】株式会社アイティーエス http://www.its-mx.co.jp/
【発行責任者】宇野 寛  uno@its-mx.co.jp
【メルマガ登録・解除は】 http://www.its-mx.co.jp/magazine/melmaga.php
【ご意見・ご感想・ご質問は】uno@its-mx.co.jp
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ※知人・友人への転送、社内での回覧はご自由にどうぞ。
 その際は全文を改変せずにご利用ください。

  

 【無料メルマガ】

 社長のための会計学 マトリックス通信

  ⇒ 最新バックナンバーはこちらから

 

 この先どうする!

   売上を増やすと、、、本当に利益が増えるのですか?

   経費を減らすと、、、本当に利益が増えるのですか?

   製造原価を下げると、、、本当に利益が増えるのですか?


 経営指導した15,000社が黒字体質に変わった!

   『利益が見える戦略MQ会計(かんき出版)』の著者が書き下ろす

   社長のための会計学です。

 

   メルマガをご希望の方は ⇒ こちらからご登録いただけます

 

社長のための会計学

【無料メルマガ】

 マトリックス通信

 最新バックナンバー