Vol.353【会計はカネ勘定、経営はカネ儲け】

 【会計はカネ勘定、経営はカネ儲け】

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■□  戦略MQ会計・DC・マトリックス会計

■□   社長のための会計学 【 マトリックス通信 】

■■   Vol.353 2014/08/04

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

■「利益」という言葉は「会計用語」です。

 収益(売上)から費用(経費)を差し引いた残り(差額)が利益です。

 ですから会計の世界では、

 「利益を増やすためには、売上を増やすか経費を減らすしかない」と

 あたりまえのように言われています。 

 

 会計に専門的に従事している人たちの多くは、次にように考えます。 

 

 ・ 仕入(原価)を安くすることで利益は増える

 ・ 経費をできるだけを掛けないことで利益は増える

 ・ 利益率のいい商品を売れば儲かる

 ・ 対売上高人件費率や労働分配率は低ければ低いほど良い

 

 そもそも会計の範囲は、

 「売上がいくらで、経費がいくらか」を集計するまで。 

 

 そしてその結果、

 「会計のルールで計算した場合、利益はこうなりますよ」 

 

 ここまでが会計の役割です。

 

 

■売上が前年より減った! 

 経費が先月より増えた!

 利益が減ったのは(あるいは増えたのは)どうして? 

 売上を増やせ、経費を減らせ、

 さてどうする?

 

 ここから先の話は、会計の分野ではありません。

 会計は「カネ勘定」、経営は「カネ儲け」、

 と言われるゆえんです。 

 

 たんに会計に詳しいというだけで、

 「利益を増やすには、売上を増やすか経費を減らすしかない!」

 という発想は、科学的とはいえません。

 

 

■今年の3月、東京で

 「利益が見える戦略MQ会計【プロフェッショナル編】」のセミナーを

 開催したときのことです。 

 

 初日はプロの会計人、コンサルタントの方々だけのセミナーです。

 はじめての試みにもかかわらず、

 会場が満席になるほどのお申し込みがありました。 

 

 翌々日は、「経営者向け」のセミナーを行いました。

 そして気付いたこと、

 

 「現場を生で感じている社長と、

  数字だけで考えようとする会計人とでは、反応がまったく違う」 

 

 ということでした。 

 

 社長たちは必死に経営の現場で活用しようと、

 具体的な質問が次々出てくるのです。

 

 

■多くの会計人は勘違いをしています。

 決算書や会計をきちんとすれば会社の業績アップに繋がる、、、

 経営分析を駆使すれば何とかなる、、、と。 

 

 「会計で会社を強くする!?」 

 

 けっしてそんなことはありません。

 利益を生み出すのは、商品や製品、サービスからだけです。

 

 決算書から離れ、売上の中身まで追求しないかぎり、

 「たまたま売上が増えたから、減ったから」で終わってしまうのです。 

 

 会計はカネ勘定、経営はカネ儲け

 

 売上や経費がいくらだったのか、を

 【会計のルール】で計算するのが会計の役目。 

 

 売上を増やすには、、、

 利益を増やすには、、、 

 

 ここから先は会計(カネ勘定)ではなく

 経営(カネ儲け)の分野の話なのです。 

 

 多くの会計人は、これらを「ごっちゃ」にして考えてしまうから

 「利益を増やすためには、売上を増やすか経費を減らすしかない」という

 理屈になってしまうのです。

 

 

社長のための会計学

【無料メルマガ】

 マトリックス通信

 最新バックナンバー

 

 申込みをされた方が当日参加できない場合には、

  代理の方がご参加くださいキャンセルはご遠慮ください。