Vol.357 【結果の報告をするだけの月次報告会がつらかった】

 【結果の報告をするだけの月次報告会がつらかった】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■□  戦略MQ会計・DC・マトリックス会計
■□   社長のための会計学 【 マトリックス通信 】 
■■   Vol.357 2014/10/02
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
 
▼『利益が見える戦略MQ会計セミナー』札幌会場
 本日より受付を開始します。
 札幌は定員が少ないためご希望の方はお早めにお申し込みください。
 
 札幌 2014年11月13日(木)【基礎編】
 ・パソコンの方は ⇒ http://www.its-mx.co.jp/20141113.php
 ・スマートフォンからは ⇒ http://goo.gl/wUqqiF
 
 札幌 2014年11月14日(金)【活用+プロフェッショナル応用編】
 ・パソコンの方は ⇒ http://www.its-mx.co.jp/20141114.php
 ・スマートフォンからは ⇒ http://goo.gl/z8Akfv
 
 札幌 2014年11月15日(土)【実践!エクセルピボットMQ分析 Part1】
 ・パソコンの方は ⇒ http://www.its-mx.co.jp/20141115.php
 ・スマートフォンからは ⇒ http://goo.gl/oXTjnl
 
 
▼『利益が見える戦略MQ会計セミナー』東京会場
 
 空きが出ました。
 東京 2014年10月24日(金)【実践!エクセルピボットMQ分析 Part1】
 ・パソコンの方は ⇒ http://www.its-mx.co.jp/20141024.php
 ・スマートフォンからは ⇒ http://goo.gl/d0EDs0
 
 東京 2014年10月22日(水)【基礎編】
 ・パソコンの方は ⇒ http://www.its-mx.co.jp/20141022.php
 ・スマートフォンからは ⇒ http://goo.gl/Qn6jaH
 
 こちらは「残り6席」です。
 東京 2014年10月23日(木)【活用+プロフェッショナル応用編】
 ・パソコンの方は ⇒ http://www.its-mx.co.jp/20141023.php
 ・スマートフォンからは ⇒ http://goo.gl/vulGmO
 
 
 ※)『MQ会計』は、これを考案開発された西順一郎先生の会社、
   株式会社西研究所の登録商標です。
   P、V、M、Q、PQ、VQ、MQ、F、G は
   西順一郎先生の著作物です。
 
 
----------------------------------------------------------------------
 
■今年の3月26日、職業会計人とコンサルタントを対象にしたセミナー
 『利益が見える戦略MQ会計【プロフェッショナル編】』を
 はじめて開催しました。
 
 参加された方の目的はさまざまです。
 ただし、共通するのは「MQ会計を企業に伝える立場」という点です。
 
 
 愛知県から会計事務所に勤務するひとりの女性が参加しました。
 感想文に次のように書いてありました。
 
 ☆ 結果の報告をするだけの月次報告会がつらかった。
   会計の知識があることで混乱しました。
   テキストを読み返して整理をしたい。
   とても勉強になりました。ありがとうございました。
 
               ・
 
 私も以前は、彼女と同じ立場でした。
 税務申告の一環として決算書を作ります。
 
 会計は、企業の業績を測定する唯一の仕組み。
 しかし、決算書は漢字と数字だけが並んだ無味乾燥なただのシートです。
 
 そこで、せっかく作成した決算書を経営に役立ててもらおうと
 いろんな工夫をします。
 決算書の見せ方、伝え方の工夫です。
 
 ◎ 前期比較や3期比較をする
 ◎ グラフにする
 ◎ 数字だけの経営分析をわかりやすくイラストにする
 ◎ 色を付ける
 ◎ 重要な部分は目立たせる
 
 そして、説明に工夫する
 
               ・
 
 おそらく、感想を書いてくれた彼女も同じだと思います。
 お客さまである企業へ月次の状況を説明するのでしょう。
 しかし、何をどう解説したところで結果の報告、
 すでに終わっているのです。
 
 彼女の感想を読んで、
 「ほんとうに、そうなんだよなあ」
 しみじみと思いました。
 
 重要なのは、この先の話です。
 社長方が知りたいのは、
 この先どうする、この先どうなる、なのです。
 
 損益分岐点の出し方や経営分析の数値の意味を知りたいのではありません。
 どう活用すればいいのか、経営者の目線で知りたいのです。
 
               ・
 
 社長がMQ会計を実践する目的は、
 MQ会計というツールを使って会社を良くするためです。
 
 会計人、コンサルタントはMQ会計を伝える側です。
 重要なのは正しい考え方です。
 
 今年の4月、税理士だけの「MQ会計研究会」を立ち上げました。
 税理士、会計事務所職員の方々へ向けた専用のサイトです。
 興味のある方はご覧ください。⇒ http://goo.gl/vqUYlW 
 
 
----------------------------------------------------------------------
 
▼今回の『活用+プロフェッショナル編』は、
 MQ会計を伝える側(会計人やコンサルタント)だけでなく、
 MQ会計を活用する側(社長、幹部、社員)も一緒に参加します。
 
 MQ会計を現場でどう活用するのか、社長からの質問のほうが、
 具体的で生々しいからです。
 伝える立場の人たちの感覚と大きく違う、ということを伝えたいからです。
 
 私自身、昔は会計事務所の一職員として決算書を作る立場でしたが、
 いったん離れて経営側としていまの税務会計を見てみると
 疑問や不明な部分、
 
 「会計人は決算書(会計)で、本当にこのような指導をしていいのか」
 
 というのが見えてきました。
 会計人は決算書(会計)で指導などできません。やってはいけないのです。
 
 
▼こちらは「残り6席」です。
 東京 2014年10月23日(木)【活用+プロフェッショナル応用編】
 ・パソコンの方は ⇒ http://www.its-mx.co.jp/20141023.php
 ・スマートフォンからは ⇒ http://goo.gl/vulGmO
 
▼空きが出ました。
 東京 2014年10月24日(金)【実践!エクセルピボットMQ分析 Part1】
 ・パソコンの方は ⇒ http://www.its-mx.co.jp/20141024.php
 ・スマートフォンからは ⇒ http://goo.gl/d0EDs0
 
▼MQ会計をどう伝えるか
 社長は社員に、会計人コンサルタントは社長に
 東京 2014年10月22日(水)【基礎編】
 ・パソコンの方は ⇒ http://www.its-mx.co.jp/20141022.php
 ・スマートフォンからは ⇒ http://goo.gl/Qn6jaH
 
 
 ※)『MQ会計』は、これを考案開発された西順一郎先生の会社、
   株式会社西研究所の登録商標です。
   P、V、M、Q、PQ、VQ、MQ、F、G は
   西順一郎先生の著作物です。
 
 
----------------------------------------------------------------------
 
▼残りわずか
 税務経理協会から出版された「会計はなぜ、マトリックスがいいのか」の
 もとになった小冊子です。
 詳しくはこちらから ⇒ http://goo.gl/ckb0Gr
 
 
▼おかげさまで第4刷
 『利益が見える戦略MQ会計(かんき出版)』
 この先長く読み継がれる本になると思います。
 詳しくはこちらから ⇒ http://goo.gl/zurV9R
 
 
▼MQ会計がはじめてで興味を持たれた方はこの冊子がおススメです。
 「利益が見える戦略MQ会計(かんき出版)」のもとになった小冊子です。
 詳しくはこちらから ⇒ http://goo.gl/lGnpza
 
 
▼ご質問、ご意見、ご感想をドシドシお寄せください。
 
 宛先は ⇒ ITS宇野寛 uno@its-mx.co.jp
 
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【発行元】株式会社アイティーエス http://www.its-mx.co.jp/
【発行責任者】宇野 寛  uno@its-mx.co.jp
【メルマガ登録・解除は】 http://www.its-mx.co.jp/magazine/melmaga.php
【ご意見・ご感想・ご質問は】uno@its-mx.co.jp
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ※知人・友人への転送、社内での回覧はご自由にどうぞ。
 その際は全文を改変せずにご利用ください。 

 

 【無料メルマガ】

 社長のための会計学 マトリックス通信

  ⇒ 最新バックナンバーはこちらから

 

 この先どうする!

   売上を増やすと、、、本当に利益が増えるのですか?

   経費を減らすと、、、本当に利益が増えるのですか?

   製造原価を下げると、、、本当に利益が増えるのですか?

 

 経営指導した15,000社が黒字体質に変わった!

   『利益が見える戦略MQ会計(かんき出版)』の著者が書き下ろす

   社長のための会計学です。

 

   メルマガをご希望の方は ⇒ こちらからご登録いただけます

 

社長のための会計学

【無料メルマガ】

 マトリックス通信

 最新バックナンバー