臨時号 【税理士は決算書で経営指導などできない!】

 【税理士は決算書で経営指導などできない!】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■□  戦略MQ会計・DC・マトリックス会計
■□   社長のための会計学 【 マトリックス通信 】 
■■   号外 2014/10/07
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


■みなさん、こんにちは。

 本日のマトリックス通信【臨時号】は、MQ会計研究会のメンバーで
 税理士の谷口敏文とおおやひとえがお届けします。


 はじめに、中小企業の社長方へぜひ伝えたいことがあります。

 ○税理士から決算書の解説を聞いても
  この先どうしたらいいのかわからない

 ○税理士と会社の業績について話をする機会があるが
  何を言っているのか理解できない

 ○専門用語が多いので良くわからない
  しかし、いまさら聞けない

 ○税理士の言うことに納得できない
  ただし、反論もできない

 ○もやもやしている
  決算書をどう業績アップにつなげればいいのか悩んでいる

 ○税理士が何を言いたいのかわからない
  MQ会計を導入したいが税理士が理解を示さない


 決算書は報告書です。
 「流動比率が悪い、自己資本比率が低い、労働分配率が高い」と言われて、
 ではどうすればいいんですか?

 なぜ利益が増えないのか、なぜ赤字なのか、
 「それは製品ごとの原価を正確に把握していないからだ」
 と言われてさらに緻密な原価計算を要求されていませんか?

 「利益を増やすには売上を増やすか経費を減らすしかない」
 と言われていませんか?


 ▼利益が見える戦略MQ会計【基礎編】

 今回の講師は、私たち税理士です。
 制度会計(税務会計)に疑問をもち、講師(税理士)自身が
 肌で感じているからこそ伝えられる、MQ会計の基礎編です。

 「税務申告のために作成した決算書は経営の役に立たない!」

 と、私たち税理士自身が感じたからこそ、伝えられる内容です。

 これまで税理士の説明に納得できなかったことに、
 はっきりと反論できるようになるかもしれません。

 【東京】2014年10月22日(水)
  ・パソコンの方は ⇒ http://www.its-mx.co.jp/20141022.php
  ・スマートフォンからは ⇒ http://goo.gl/Qn6jaH

 【札幌】2014年11月13日(木)
  ・パソコンの方は ⇒ http://www.its-mx.co.jp/20141113.php
  ・スマートフォンからは ⇒ http://goo.gl/wUqqiF


----------------------------------------------------------------------

■MQ会計は社長や専務だけが学んでも、成果には結びつきません。
 社員全員が共通言語をもち、同じ方向にパワーを発揮しなければ
 効果は上がらないのです。

 社内でMQ会計を導入しようとすると
 真っ先に拒否反応を起こすのが経理です。
 これまでの会計の常識と大きく異なるからです。
 今までより、自分の仕事が増えると思っているのです。

 そしてもうひとり、消極的な態度を示すのが依頼している税理士です。

 私達は決算書を作る訓練を受けてきました。
 だから「決算書を経営に使わなければいけない」と思い込んでいます。
 「社長は決算書くらい読めなければ、、、」と
 決算書の読み方や比率分析、部門対比、勘定科目の説明を始めます。

 しかし、会計だけで会社はけっして強くはならないということを
 社長自身が肌で感じているはずです。

 MQ会計の基礎の部分は、税理士やコンサルタントに頼らずに
 社長自身が、きちんと社員に説明しなければなりません。

 「どうすれば社員に本質を伝えられるのか」

 社長自身で感じ取ってほしいと思っています。


 ▼利益が見える戦略MQ会計【活用+プロフェッショナル応用編】

 【東京】2014年10月23日(木)
  ・パソコンの方は ⇒ http://www.its-mx.co.jp/20141023.php
  ・スマートフォンからは ⇒ http://goo.gl/vulGmO

 【札幌】2014年11月14日(金)
  ・パソコンの方は ⇒ http://www.its-mx.co.jp/20141114.php
  ・スマートフォンからは ⇒ http://goo.gl/z8Akfv


 ▼決算書からはけっしてわからない重要な部分をお伝えします。
  利益が見える戦略MQ会計【実践!エクセルピボットMQ分析 Part1】

 【東京】2014年10月24日(金)
  ・パソコンの方は ⇒ http://www.its-mx.co.jp/20141024.php
  ・スマートフォンからは ⇒ http://goo.gl/d0EDs0

 【札幌】2014年11月15日(土)
  ・パソコンの方は ⇒ http://www.its-mx.co.jp/20141115.php
  ・スマートフォンからは ⇒ http://goo.gl/oXTjnl


 ※)活用+プロフェッショナル応用編と
   実践!エクセルピボットMQ分析 Part1の講師は、
   MQ会計とマトリックス会計の研究を続けて14年、ITS宇野寛です。

 ※)札幌は定員が少ないため、ご希望の方はお早めにお申し込みください。


----------------------------------------------------------------------

■税理士の方たちに伝えたいこと

 MQ会計を知らないある税理士と経営指導の話題になったき、
 聞いてみました。

 ☆売上高が1000万円、変動費が600万円、利益が100万円の会社があります。
  この会社の売上が10%下がったら利益はいくらになると思いますか?

 彼の答えは「60万円」でした。この答えはもちろん間違いです。
 そして私にこう言いました。

 「それは、ひっかけ問題ですね」

 60万円と答える税理士から経営指導を受けている社長は気の毒です。

 税理士は試験に合格するために、
 多くの問題を解いて解答する訓練をしてきました。
 しかし、現実の経営を取り巻くさまざまな問題に解答などありません。

 決算書だけで経営指導などできるはずはないのですが、
 多くの税理士は指導方法(テクニック)を学ぼうとします。
 「私が答えてあげないと、答えなければ、、、」と
 ムリに答えを出そうとします。

 私たち税理士は決算書だけで経営指導などできません。
 やってはいけないのです。

 MQ会計は税理士の客集めの道具や商材ではありません。
 会社の業績を解説するツールでもありません。
 一番迷惑するのは社長です。

 社長がMQ会計を本気で導入しようとしたとき
 社長と一緒になって現場に入って、税理士自ら考えなければなりません。
 そのためにも正しいMQ会計の考え方が必要なのです。


 ※)『MQ会計』は、これを考案開発された西順一郎先生の会社、
   株式会社西研究所の登録商標です。
   P、V、M、Q、PQ、VQ、MQ、F、G は
   西順一郎先生の著作物です。


----------------------------------------------------------------------

▼経営分析は【結果】です。
 業績がよくないから分析値も悪くなるのです。
 利益が出て業績が上がれば分析値は勝手によくなります。

 MQ会計は、財務会計や管理会計と発想やスタートがまったく異なります。
 社長のための会計です。

 ご自身の会社をMQ会計表で見たい場合、作り方は2通りあります。
 手っ取り早く作ってみたい方へはこちらをお勧めします。

 ★決算書からMQ会計表を作る! Light版

  10月14日(火)から予約受付開始!

 製造業、販売サービス業の両方に対応しています。
 期首と期末の仕掛品をどうするか、「簡単な解説」も付いています。
 詳細はこちらをご覧ください。
 ⇒ http://www.its-mx.co.jp/itsmq01x.php

 ※)本製品はMG(MQ戦略ゲーム)の開発者であり、
   MQ会計の考案者である西順一郎先生の許諾を得て
   株式会社アイティーエスが開発販売しています。

----------------------------------------------------------------------

▼残りわずか!
 税務経理協会から出版された「会計はなぜ、マトリックスがいいのか」の
 もとになった小冊子です。
 詳しくはこちらから ⇒ http://goo.gl/ckb0Gr

▼MQ会計がはじめてで興味を持たれた方はこの冊子がおススメです。
 「利益が見える戦略MQ会計(かんき出版)」のもとになった小冊子です。
 詳しくはこちらから ⇒ http://goo.gl/lGnpza

▼おかげさまで第4刷
 『利益が見える戦略MQ会計(かんき出版)』
 この先長く読み継がれる本になると思います。
 詳しくはこちらから ⇒ http://goo.gl/zurV9R

▼ご質問、ご意見、ご感想をドシドシお寄せください。

 宛先は ⇒ ITS宇野寛 uno@its-mx.co.jp


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【発行元】株式会社アイティーエス http://www.its-mx.co.jp/
【発行責任者】宇野 寛  uno@its-mx.co.jp
【メルマガ登録・解除は】 http://www.its-mx.co.jp/magazine/melmaga.php
【ご意見・ご感想・ご質問は】uno@its-mx.co.jp
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ※知人・友人への転送、社内での回覧はご自由にどうぞ。
 その際は全文を改変せずにご利用ください。


 

 【無料メルマガ】

 社長のための会計学 マトリックス通信

  ⇒ 最新バックナンバーはこちらから

 

 この先どうする!

   売上を増やすと、、、本当に利益が増えるのですか?

   経費を減らすと、、、本当に利益が増えるのですか?

   製造原価を下げると、、、本当に利益が増えるのですか?


 経営指導した15,000社が黒字体質に変わった!

   『利益が見える戦略MQ会計(かんき出版)』の著者が書き下ろす

   社長のための会計学です。

 

   メルマガをご希望の方は ⇒ こちらからご登録いただけます

 

社長のための会計学

【無料メルマガ】

 マトリックス通信

 最新バックナンバー