Vol.359【管理会計を学んでその先どうする?】

 【管理会計を学んでその先どうする?】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■□  戦略MQ会計・DC・マトリックス会計
■□   社長のための会計学 【 マトリックス通信 】 
■■   Vol.359 2014/10/17
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■MQ会計を知らないある税理士と経営指導の話題になったき、
 聞いてみました。

 ☆売上高が1000万円、変動費が600万円、利益が100万円の会社があります。
  この会社の売上が10%下がったら利益はいくらになると思いますか?

 彼の答えは「60万円」でした。この答えはもちろん間違いです。
 そして私にこう言いました。

 「それは、ひっかけ問題ですね」

             ・

 マトリックス通信【臨時号】に掲載した記事です。
 読者の方から質問が来ました。

 ★私も60万円だと思いました。
  損益分岐点の公式が身についてしまっています。 
  なぜ、60万円が誤りなのでしょうか。

----------------------------------------------------------------------

■管理会計を学ぶなかで損益分岐点分析の話が出てきます。

 では、この問題を管理会計で解くとどうなるか?
 与えられた情報は次の3つです。

  ○売上高は1000万円
  ○変動費は600万円
  ○利益が100万円

 ここで気づくことがあります。

 売上高、変動費、利益、

 これらの単語は【専門用語(会計用語)】だということです。
 ですから、管理会計を学んだことがない人にとっては
 この問題の意味がわかりませんし、解けません。

 そこで「変動費とは何か?」を調べてみると、

 「売上高に比例して増減する費用。
  売上高が増えればそれに伴って増え、
  売上がゼロであればまったくかからない費用で、
  たとえば、商品仕入れや原材料仕入れなどがある。」

 さらには、

 「損益分岐点分析を行うためには、
  費用を変動費と固定費に分ける必要がある。
  固定費は売上高に関係なく一定に発生する費用で、
  社員の給料や家賃、リース料などがある。」



■では、先ほどの問題です。

 ☆売上高が1000万円、変動費が600万円、利益が100万円の会社があります。
  この会社の売上が10%下がったら利益はいくらになると思いますか?

 管理会計を学んだ方であれば、必ず解いた経験があるはず、
 そして「限界利益」という用語が出てきます。

 「限界利益は、売上高から変動費を差し引いたもの」


 では、管理会計の説明にしたがって、この問題を解いてみましょう。


 ・売上高は1000万円、変動費は600万円
  したがって限界利益は400万円(限界利益=売上高-変動費)

 ・利益は限界利益から固定費を差し引いたもの(利益=限界利益-固定費)
  利益が100万円ということは、
  この会社の固定費は300万円(固定費=限界利益-利益)

 ・この会社の売上高が10%減少し900万円になった

 ・変動費も売上高に比例して10%減少し540万円、
  限界利益は差し引き360万円(売上高900万円-変動費540万円)

 ・固定費は、売上高の増減には影響しないため300万円のまま

 ・したがって求める利益は60万円(限界利益360万円-固定費300万円)


   <変動損益計算書>

    売上高    900万円(100%)
    変動費  540万円(60%:変動費率)
   --------------------------
    限界利益 360万円(40%:限界利益率)
    固定費    300万円
   --------------------------
    利 益      60万円 



■管理会計で学ぶ損益分岐点売上高の公式は

 損益分岐売上高 =(固定費÷(1-変動費÷売上高)


 では、売上高が1割減った状態での損益分岐売上高を、 
 この公式に当てはめて計算してみましょう。

 (固定費300万円÷(1-変動費540万円÷売上高900万円)

 この公式から導かれる答えは[750万円]です。


 そして、

 「損益分岐点比率は、損益分岐点売上高を現在の売上高で割った比率である」

 と書いてあります。


 <損益分岐点比率>

 ・900万円の売上のときは83.3%(750万円÷900万円×100)
 ・1000万円のときは75%(750万円÷1000万円×100)

 ちなみに「経営安全率」を計算すると次のようになります。
 ・900万円の売上のときは17.7%
 ・1000万円のときは25%


----------------------------------------------------------------------

■では、なぜこの問題の答え[60万円]が誤りなのでしょうか?

 それは、

 ・変動費、固定費の定義が科学的、数学的根拠にもとづいていないから
 ・科学的、数学的な裏付けのない理論は、
  現実の経営や未来のシミュレーションに使えないから

 です。

 「管理会計における変動費の定義は、売上高に比例する費用」

 売上高とは、単価と数量を掛けあわせた結果です。
 単価に比例するのか、それとも数量に比例するのか、
 しかし、単価と数量の間には相関関係はありません。
 「売上高に比例」という定義自体が科学的、数学的とは言えないのです。

 その点、MQ会計は科学です。数学です。(ただし中学校1年程度)

 管理会計では、売上高がちょうど750万円のときに利益はゼロになりますが、
 MQ会計を使ってシミュレーションしてみると、
 売上高が750万円のときは、利益がゼロになる場合もあるし、
 みごとに赤字になってしまう場合もあるのです。

 MQ会計には「損益分岐点売上高」というのは存在しません。

 それは、売上高が「単価と数量」という2つの要素から
 成り立っているからです。
 売上高を単価と数量に分解して考えるからです。

 MQ会計は【要素法】です。
 ですから、損益分岐点は4つあります。

 ※)詳しくは『利益が見える戦略MQ会計(かんき出版)』をご覧ください。
   ⇒ http://goo.gl/zurV9R

 ※)管理会計の一部の解説で「変動費は生産数量や操業度に比例する」
   という記述がありますが、MQ会計では成立しません。



■変動費と固定費という用語が、儲けの構造(利益を生み出す構造)を
 わかりにくくしていると、常々考えています。

 では、何のために損益分岐点分析を行うのでしょうか。
 損益分岐点売上高を計算し、分析してその先どう活用するのでしょうか。
 多くの解説書を見ると、「損益分岐点売上高は低いほうがいい」と
 書かれています。

 損益分岐点比率を下げるには、
 ・変動費率を下げる(限界利益率を上げる)
 ・固定費を減らす

 管理会計における損益分岐点分析はこれが限界です。

 利益を増やすには、
 ・売上を増やす
 ・利益率を上げる(原価率を下げる)
 ・固定費を減らす

 このレベルの話と何も変わりません。
 どちらにも共通するのは「損益計算書から抜けられない」、
 「会計の枠のなかでのみ考えている」という点です。

 もし、あなたが社長だったら、
 依頼している税理士に、ぜひこの問題を出してみてください。
 100人中99人が[60万円]と答えるはずです。

 そして、
 60万円と答える税理士から経営指導を受けている社長は気の毒です。

 もし、それ以外の答えを言う税理士がいたら、、、

 本物かもしれませんよ。


 ※)MQ会計における「f/m比率」は、
   管理会計における「損益分岐点比率」とは大きく異なります。
   ソフトバンクの孫さんが「経営はf/m比率!」と言ったように
   経営のなかでもっとも重要な比率かもしれません。
   機会があれば、このメルマガで紹介したいと思います。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【発行元】株式会社アイティーエス http://www.mxpro.jp/

【発行責任者】宇野 寛  

【メルマガ登録・解除は】 http://goo.gl/5KMT67

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ※ブログやホームページ等への無断転載を禁止します。

  ただし、知人・友人への転送、社内での回覧はご自由にどうぞ。

  その際は全文を改変せずにご利用ください。

 

 

 【無料メルマガ】

 社長のための会計学 マトリックス通信

  ⇒ 最新バックナンバーはこちらから

 

 この先どうする!

   売上を増やすと、、、本当に利益が増えるのですか?

   経費を減らすと、、、本当に利益が増えるのですか?

   製造原価を下げると、、、本当に利益が増えるのですか?

 

 経営指導した15,000社が黒字体質に変わった!

   『利益が見える戦略MQ会計(かんき出版)』の著者が書き下ろす

   社長のための会計学です。

 

   メルマガをご希望の方は ⇒ こちらからご登録いただけます

 

 

社長のための会計学

【無料メルマガ】

 マトリックス通信

 最新バックナンバー