Vol.361 【税理士、を考える】

 【税理士、を考える】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■□  戦略MQ会計・DC・マトリックス会計
■□   社長のための会計学 【 マトリックス通信 】 
■■   Vol.361 2014/10/30
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
▼利益が見える戦略MQ会計【基礎編】
 【札幌】2014年11月13日(木)
  ・パソコンの方は ⇒ http://www.its-mx.co.jp/20141113.php
  ・スマートフォンからは ⇒ http://goo.gl/wUqqiF
 
▼利益が見える戦略MQ会計【活用+プロフェッショナル応用編】
 【札幌】2014年11月14日(金)
  ・パソコンの方は ⇒ http://www.its-mx.co.jp/20141114.php
  ・スマートフォンからは ⇒ http://goo.gl/z8Akfv
 
▼利益が見える戦略MQ会計【実践!エクセルピボットMQ分析 Part1】
 【札幌】2014年11月15日(土)
  ・パソコンの方は ⇒ http://www.its-mx.co.jp/20141115.php
  ・スマートフォンからは ⇒ http://goo.gl/oXTjnl
 
 札幌セミナーの申込み受付は11月7日(金)までです。
 
 
▼本日、10月30日(木)24:00で受付を終了します。
 決算書からMQ会計表を作る! 実践!戦略MQ会計【Light版】
 
 
----------------------------------------------------------------------
 
■いまは、市販の会計ソフトで決算書はもちろん、
 消費税の申告書まで簡単に作れてしまいます。
 
 税理士事務所も競争の時代、
 どうすれば【付加価値】を付けられるのか。
 決算書を作るだけでなく、何かサービスをしないと、、、
 そしていろいろと考えます。
 
             ・
 
 ある、税理士事務所の話です。
 
 「決算書は税理士事務所の商品!」
 
 そこで、関与先企業の社長と役員を事務所に呼んで
 【決算報告会】を開催することにしました。
 
 決算書を経営に活用したもらいたい、
 決算書のすばらしさを伝えたい、という想い(目的)もあります。
 
               ・
 
 分厚い資料が参加者全員に配られ、
 税理士事務所の担当者による司会進行のもと、報告会が進んでいきます。
 そのなかには「MQ会計もどき(※注」の帳表も含まれています。
 
 ※注)「MQ会計もどき」については、
    近日中にこのメルマガで特集したいと思います
 
               ・
 
  ★では、株式会社XXXXの第○期決算報告会を開催します。
 
 
  担当者によって、決算結果が「専門用語」や
  「MQ会計もどき」の表を使って解説されていきます。
 
               :
               :
 
  終了までの1時間半、参加した社長は黙って聞いています。
 
               :
               :
 
  ★では、これにて
   株式会社XXXXの第○期決算報告会を終了いたします。
   ありがとうございました。
 
               ・
 
 これまで黙って聞いていた社長が、おもむろに口を開きました。
 
 
  ☆あなた方の言ってることはすべて【過去】の話です。
   私は終わったことに興味はありません。
 
  ☆1時間半もの時間を使うのであれば、
   この先の話、未来の話をして欲しいですね。
 
 
----------------------------------------------------------------------
 
■先週、東京で開催した『利益が見える戦略MQ会計セミナー』、
 
 ・基礎編
 ・活用+プロフェッショナル応用編
 ・エクセルピボットMQ分析 Part1
 
 に、大阪から女性の税理士が3日間連続で参加されました。
 
 彼女の感想です。
 
 ○社長の支援者として何ができるか?
  勘に頼らない科学的な支援をしたい
 
 ○MQ会計の本質を知り、経営の貴重な【データ】を
  経営の現場に活かすため、会計人として何ができるのか!
 
 ○すべてはMQ!、MQは会社の外にしかない
  内部事情をいくら分析しても意味は薄い
 
 ○素晴らしいセミナー内容に感動しました。
  テクニックとマインドを、惜しげもなく公開していただき感謝です。
 
 そして、
 
 ○まずは西順一郎先生のMGに参加しなければ、、、
  そのあと、宇野さんのMQ会計セミナーに再度参加することで
  より深められると信じ、行動します。行動あるのみ!!
  この先の道が開けそうです。
 
 
 
■メルマガの読者のなかには、
 
 「なに? 都合のいい感想文なんか掲載して」
 
 と思われた方もいらっしゃるでしょう。
 
 何を言いたいか!
 
 ほんとうに中小企業の経営支援をしたいと思ったら、
 税理士は、「決算書から抜け出す勇気も必要だ」ということです。
 
 ・売上を上げる?
 ・粗利益を上げる?
 ・人件費を下げる?
 ・経費を下げる?
 
 そして、損益分岐点?、経営分析?
 
 中途半端なアドバイスは、社長にとって迷惑な話、余計なお世話です。
 会計が苦手な社長にとってはなおさらです。
 
               ・
 
 セミナー後の交流会で一緒に飲んだとき、
 彼女(女性税理士)が私にこう言いました。
 
 ☆損益計算書には、売上高、売上原価は数行しかない
  経費は山ほど載っている
 
 ☆私は「売上高」と「売上原価」のほうがよっぽど重要だと思っている
 
 そして、さらにすごいことを、、、
 
               ・
 
 彼女から【実名】で掲載してもいいというメールをいただきました。
 
 こんな税理士もいるんだ!!
 
 私自身、感動しました。
 
 
 次回のメルマガで紹介したいと思います。
 
 ぜひ、ご期待ください。
 
 
----------------------------------------------------------------------
 
▼読者がもし税理士だったら、今回のメルマガをどう感じましたか?
 社長に「決算書が重要です!」と言い続けますか?
 
 車を運転するのは社長本人です。
 税理士は助手席に座ってサポートするだけ。
 社長のハンドル操作を「決算書」で惑わせてはいけません。
 
 MQ会計であれ何であれ、
 この先どうする!? という答えは
 社長自身が見つけ出すしかないのです。
 
 ただし、これだけは言えます。
 MQ会計は社長の強力な味方、武器になる!
 
 
▼いまの税務会計に疑問をもっている社長、
 税理士や経理部長の説明に納得がいかない社長は、
 ぜひ、MQ会計セミナーにご参加ください。
 
 北海道では最初で最後になるかもしれません。
 
 
▼関与先の社長にMQ会計を勧めるには何かいい方法がありますか?
 ときどき、税理士やコンサルタントから質問があります。
 
 利益が見える戦略MQ会計【活用+プロフェッショナル応用編】
 【札幌】2014年11月14日(金)
  ・パソコンの方は ⇒ http://www.its-mx.co.jp/20141114.php
  ・スマートフォンからは ⇒ http://goo.gl/z8Akfv
 
 利益が見える戦略MQ会計【実践!エクセルピボットMQ分析 Part1】
 【札幌】2014年11月15日(土)
  ・パソコンの方は ⇒ http://www.its-mx.co.jp/20141115.php
  ・スマートフォンからは ⇒ http://goo.gl/oXTjnl
 
 に参加し、ご自身で感じてみてください。
 
 
----------------------------------------------------------------------
 
●札幌セミナーの申込み受付は11月7日(金)までです。
 
 税務申告のために作成した決算書は経営の役に立たない!
 MQ会計は【本質】です。
 だから中小企業の社長方自身に使ってもらいたいと思います。
 
 利益が見える戦略MQ会計【基礎編】
 
 【札幌】2014年11月13日(木)
  ・パソコンの方は ⇒ http://www.its-mx.co.jp/20141113.php
  ・スマートフォンからは ⇒ http://goo.gl/wUqqiF
 
 
●変動費・固定費は使ってはいけない
 ・変動費と固定費という用語が儲けの構造をわからなくする
 ・MQ会計と管理会計(変動損益計算書)の決定的な違い
 ・これがいまの会計の限界
 
 管理会計ではこの先の経営は見えない、と感じるはずです。
 MQ会計と管理会計は「まったく異なるもの」ということがわかります。
 MQ会計は、この先を考えるための会計です。
 
 利益が見える戦略MQ会計【活用+プロフェッショナル応用編】
 
 【札幌】2014年11月14日(金)
  ・パソコンの方は ⇒ http://www.its-mx.co.jp/20141114.php
  ・スマートフォンからは ⇒ http://goo.gl/z8Akfv
 
 
●エクセルを使っているほとんどの人たちは、データをシートごとに入力し、
 決算期ごとにフォルダーを作り、計算式を使って計算しています。
 そして「じゃあ、5年分の売上の推移を見たい!」というときに、
 「さあ、どうする!?」で困ってしまうのです。
 
 経営に使うデータは、シートやフォルダーで分けてはいけません。
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 決算期で分けてもいけません。
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 
 分けた瞬間に「ただの紙、ワープロと同じ」。
 タイトルをかっこよくし、網掛けに工夫を凝らし、
 グラフの色をきれいにするという作業に時間をかけてしまうのです。
 これでは、せっかくのデータを経営に活用することはできません。
 決算書からはけっしてわからない重要な部分をお伝えします。
 
 今回のセミナーは【建設業の方】にも当てはまる内容です。
 
 利益が見える戦略MQ会計【実践!エクセルピボットMQ分析 Part1】
 
 【札幌】2014年11月15日(土)
  ・パソコンの方は ⇒ http://www.its-mx.co.jp/20141115.php
  ・スマートフォンからは ⇒ http://goo.gl/oXTjnl
 
 
----------------------------------------------------------------------
 
●MQ会計は、財務会計や管理会計と発想やスタートがまったく異なります。
 社長のための会計です。
 
 ご自身の会社をMQ会計表で見たい場合、作り方は2通りあります。
 手っ取り早く作ってみたい方へはこちらをお勧めします。
 
 ★決算書からMQ会計表を作る! 実践!戦略MQ会計【Light版】
 
 申込みは本日、10月30日(木)24:00で終了します。
 
 お申し込みをいただいた皆さま、商品は11月4日(火)に発送いたします。
 到着まで少しお待ちください。
 
 ※)本製品はMG(MQ戦略ゲーム)の開発者であり、
   MQ会計の考案者である西順一郎先生の許諾を得て
   株式会社アイティーエスが開発販売しています。
 
 
----------------------------------------------------------------------
 
▼残り部数が少なくなりました。
 税務経理協会から出版された「会計はなぜ、マトリックスがいいのか」の
 もとになった小冊子です。
 詳しくはこちらから ⇒ http://goo.gl/ckb0Gr
 
 
▼おかげさまで第4刷
 『利益が見える戦略MQ会計(かんき出版)』
 この先長く読み継がれる本になると思います。
 詳しくはこちらから ⇒ http://goo.gl/zurV9R
 
 
▼MQ会計がはじめてで興味を持たれた方はこの冊子がおススメです。
 「利益が見える戦略MQ会計(かんき出版)」のもとになった小冊子です。
 詳しくはこちらから ⇒ http://goo.gl/lGnpza
 
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【発行元】株式会社アイティーエス http://www.its-mx.co.jp/
【発行責任者】宇野 寛  uno@its-mx.co.jp
【メルマガ登録・解除は】 http://www.its-mx.co.jp/magazine/melmaga.php
【ご意見・ご感想・ご質問は】uno@its-mx.co.jp
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ※知人・友人への転送、社内での回覧はご自由にどうぞ。
  その際は全文を改変せずにご利用ください。 

 

 【無料メルマガ】

 社長のための会計学 マトリックス通信

  ⇒ 最新バックナンバーはこちらから


 この先どうする!

   売上を増やすと、、、本当に利益が増えるのですか?

   経費を減らすと、、、本当に利益が増えるのですか?

   製造原価を下げると、、、本当に利益が増えるのですか?


 経営指導した15,000社が黒字体質に変わった!

   『利益が見える戦略MQ会計(かんき出版)』の著者が書き下ろす

   社長のための会計学です。

 

   メルマガをご希望の方は ⇒ こちらからご登録いただけます

  

社長のための会計学

【無料メルマガ】

 マトリックス通信

 最新バックナンバー