Vol.381【税理士事務所のMQ会計実践事例・建設業】

 【税理士事務所のMQ会計実践事例・建設業】

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■□  戦略MQ会計・DC・マトリックス会計

■□   社長のための会計【 マトリックス通信 】

■■   Vol.381 2015/05/21

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

  

■昨年から「利益が見える戦略MQ会計セミナー」に参加し、

 それがきっかけで、「MG(MQ戦略ゲーム)」にも興味をもった

 ある税理士事務所の職員の方からメールがきました。

 

 メルマガ掲載にOKをもらいましたので、紹介します。

 

 税理士事務所が、お客様企業へMQ会計を実践する際に、

 あるいは、社長方が現場でMQ会計を活用する際に参考になる内容です。

 

 ぜひご覧ください。

 

-------------------------------------------------------------------------------

 

◆ある会社に伺ったときのことです。

 

 創業してから9年目のこの会社は社員数10名の建設業、

 私は、設立当初から税務会計のお手伝いをしてきました。

 業績も順調で借入金もなく、健全な財務体質です。

 

 経理は、社長の奥さんが担当です。

 その奥さんが、ある日突然こう言い出しました。

 

 「うちの会社、本当に儲かっているんやろか?」

 

             ・

 

 私たち会計に携わるものは、

 どうしても税務会計中心の話をしてしまいます。

 

 「もちろん、儲かってますよ

  きちんと利益を出して税金も納めているわけですから」

 

 ところが、奥さんの反応は、

 

 「・・・・・」

 

 どうやら[儲かっている]という実感がないようなのです。

 

 

 

◆これまで私は、決算書や試算表からしか経営を見てきませんでした。

 

 「売上は確実に増えていますし、利益も増えています」

 

 「しかし、その分売掛金も増えていますよね

  資材などの在庫も増えていますし、重機にも投資しているでしょ」

 

 「ですから、おカネが寝ている状態なのです」

 

             ・

 

 会計を専門的に学んできた人たち、

 会計事務所の職員や銀行マンは、これで納得してしまいます。

 

 しかし、いざ、税金を払う段階になるとキャッシュがない! 

 これが経営の現場の実感です。

  

 

 

◆私は「月次決算」を行うために、毎月会社を訪問します。

 

 税務のためのデータとしてきちんと整理されているか、

 税務上指摘されるようなことはないか、も含めて

 月次の経営状況をできるだけ正確に把握し、

 のちに社長に報告し説明するためです。

 

 しかし、この会社の場合、月次試算表ができあがるのは

 2か月後です。

 

 遅れる原因はいろいろあります。

 

 ・仕入先や外注先から請求書がなかなか来ない

  したがって仕入金額や支払金額を締められない

 

 社長の奥さんは経理ばかりをやっているわけではありません。

 経理作業に十分に時間が取れないのも現実です。

 

 月次決算が遅い原因は主に会社側にありますが、

 私たちも複数のお客様を一気に回れるわけではありません。

 

 では、これらの問題を解決できたとして、

 月次決算の情報を企業側に早く届けられたとして、

 その先、どうなるのでしょうか? 

 

 「業績が伸びる会社の社長や奥さんに共通していること」

 

 に気付きました。

 

 「経営者はつねに先のことを考えている」

 

 そこで、ある提案をしてみました。

 

 (次回へ続く)

 

 

 

社長のための会計学

【無料メルマガ】

 マトリックス通信

 最新バックナンバー