Vol.387 【社長と税理士との間に存在する感覚のズレ】

 【社長と税理士との間に存在する感覚のズレ】

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■□  戦略MQ会計・DC・マトリックス会計

■□   社長のための会計【 マトリックス通信 】

■■   Vol.387 2015/08/06

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


▼本日より受付を開始します。


 東京・利益が見える戦略MQ会計【MQ会計の本質・基本編】

  ⇒ http://goo.gl/srXLJV


 東京・利益が見える戦略MQ会計【活用編】

  ⇒ http://goo.gl/SwIyOD


 東京・利益が見える戦略MQ会計【ピボットMQ分析・実践編】

  ⇒ http://goo.gl/GOLufw



▼ただいま受付中!

 京都・利益が見える戦略MQ会計【特別編】2日間コース

  ⇒ http://goo.gl/bKrKsM


----------------------------------------------------------------------


■ 7月23日(木)に大阪で開催した

 『ピボットMQ分析』のセミナーでの出来事です。


 午後からは、ある企業の具体的な事例を紹介していくのですが、

 その会社はどんな会社なのか、を知ってもらうために、

 参加者各自に「3期比較の決算書」を分析してもらいます。


 参加者のうち7割が税理士、コンサルタント、

 企業に伝える側の人たちです。

 これまでの決算分析、解説、指導に限界を感じ、

 「何とかしたい」と思っている人たちです。


 5分間でこの企業の現状(決算書)を分析をしてもらいました。

 「ほかの人たちはどういう分析をするのだろう?」

 興味があるはずです。

 そこで、税理士何人かに発表してもらうことにしました。

 「さすがプロ。ここまで推測するか!」と思うような分析もありました。


 じつはこの日、参加者のなかにMG(MQ戦略ゲーム)に

 継続して参加している方が2名いたのです。

 そこで急遽、このふたりにも発表してもらうことにしました。



 ところが、


 ところがです。


 おもしろい現象が起きたのです。



 MG(MQ戦略ゲーム)未経験者とは、

 まったく違う視点からの分析だったのです。

 感想文に書いてくれた人がいたので、紹介します。


 「会計人とMG経験者の見るところがまったく違うところに驚きました」


 まさにこの一行に凝縮されています。


               ・


 理論だけでMQ会計を学ぼうとしている人たちと、

 MG(MQ戦略ゲーム)を通して、経営の現場を経験している人たちとは、

 ここまで違うものか!


 という感じです。私も正直驚きました。

 理屈だけではないのです。


 この現象は、MGを続けている社長方と、

 MGのあとの交流会で経営の話になったときに、

 はっきりとわかります。


 MGを経験すると、同じ数字、決算書を見ていても

 これほど、感じる部分が違うんだ!


 会計など深くは知らない社長方が、

 MQ会計を自由に操って経営に活かしているのです。


 これがMG(MQ戦略ゲーム)の大きな効果のひとつです。



 ※)MQ戦略ゲームは、開発者である西順一郎先生の会社、

   株式会社西研究所の登録商標です


----------------------------------------------------------------------


■京都の基礎編、大阪の活用編、ピボットMQ分析編と

 3回連続で女性の税理士が参加しました。


 セミナーのなかで、


 「MQ会計表を模した図が世のなかに反乱している

  これはけっしてMQ会計とは似ても似つかない。

  決算書はけっして分析や解説をするものではありません。

  MQ会計も同じです。」


 という話をしました。

 ところが彼女は、”MQ会計もどき”をやろうとしていたのです。


 彼女の感想文を、ぜひこのメルマガで紹介したい旨のメールを

 差し上げました。了解を得ましたので紹介します。



 基本編と実践編、そして分析もできるようになりたいと思い参加しました。

  これまでは紙でグラフをお客様に渡していましたが、

  こちらの都合で渡しているだけで

  けっきょくその先は広がりを生み出さないものだと感じました。


 今まで「きれいな表」を作ることに時間をかけてきました。

  今日のセミナーを聞き感動しました。

  「データを活用するとは、こういうことか!」と、理解することができました。


 私も「未来〇〇図」を使っています。

  説明しても「ふーん」で終わってしまい、行き詰まりを感じていました。

  今回MQ会計のセミナーに3日間参加し、まったく別ものだと感じました。

  実践できるように訓練していきたいと思います。


----------------------------------------------------------------------


■決算書は「漢字と数字の羅列」、報告書にすぎません。

 経営の現場に出向き、MQ会計の本質を知れば、

 解説や分析などは不要であることに気付くはずです。



 次回は、


 『社長と税理士との間に存在する感覚のズレ』


 の続編です。


 函館在住、税理士事務所に勤務するの30歳の男性の方から

 メールをいただきました。了承を得ましたので紹介したいと思います。

 そしてもう一人、MGをはじめて体験した税理士からのメールです。


 お楽しみに!


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


▼本日より受付を開始します。

 

 東京・利益が見える戦略MQ会計【MQ会計の本質・基本編】

  ⇒ http://goo.gl/srXLJV

 

 東京・利益が見える戦略MQ会計【活用編】

  ⇒ http://goo.gl/SwIyOD

 

 東京・利益が見える戦略MQ会計【ピボットMQ分析・実践編】

  ⇒ http://goo.gl/GOLufw

 

 

▼ただいま受付中!

 

 京都・利益が見える戦略MQ会計【特別編】2日間コース

  ⇒ http://goo.gl/bKrKsM

 

 

▽発売を再開しました


 MQ会計がはじめてで興味を持たれた方はこの冊子がおススメです。

 「利益が見える戦略MQ会計(かんき出版)」のもとになった小冊子です。

 詳しくはこちらから ⇒ http://goo.gl/lGnpza


 税務経理協会から出版された「会計はなぜ、マトリックスがいいのか」の

 もとになった小冊子です。

 詳しくはこちらから ⇒ http://goo.gl/ckb0Gr


----------------------------------------------------------------------


▼おかげさまで第4刷

 『利益が見える戦略MQ会計(かんき出版)』

 この先長く読み継がれる本になると思います。

 詳しくはこちらから ⇒ http://goo.gl/zurV9R


 ご意見やご感想をお寄せください。


 宛先は ⇒ ITS宇野寛:このメルマガに返信してください。 



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【発行元】株式会社アイティーエス http://www.mxpro.jp/

【発行責任者】宇野 寛  

【メルマガ登録・解除は】 http://goo.gl/5KMT67

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ※ブログやホームページ等への無断転載を禁止します。

  ただし、知人・友人への転送、社内での回覧はご自由にどうぞ。

  その際は全文を改変せずにご利用ください。


 

 【無料メルマガ】

 社長のための会計学 マトリックス通信

  ⇒ 最新バックナンバーはこちらから

 

 この先どうする!

   売上を増やすと、、、本当に利益が増えるのですか?

   経費を減らすと、、、本当に利益が増えるのですか?

   製造原価を下げると、、、本当に利益が増えるのですか?

 

 経営指導した15,000社が黒字体質に変わった!

   『利益が見える戦略MQ会計(かんき出版)』の著者が書き下ろす

   社長のための会計学です。

 

   メルマガをご希望の方は ⇒ こちらからご登録いただけます

  

社長のための会計学

【無料メルマガ】

 マトリックス通信

 最新バックナンバー