Vol.388 【続)社長と税理士との間に存在する感覚のズレ】

 【続)社長と税理士との間に存在する感覚のズレ】

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■□  戦略MQ会計・DC・マトリックス会計

■□   社長のための会計【 マトリックス通信 】

■■   Vol.388 2015/08/12

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


▼受付を開始しました。


 東京・利益が見える戦略MQ会計【MQ会計の本質・基本編】

  ⇒ http://goo.gl/srXLJV


 東京・利益が見える戦略MQ会計【活用編】

  ⇒ http://goo.gl/SwIyOD


 東京・利益が見える戦略MQ会計【ピボットMQ分析・実践編】

  ⇒ http://goo.gl/GOLufw


----------------------------------------------------------------------


■本日のメルマガは、

 『社長と税理士との間に存在する感覚のズレ』

 の続編です。


 私がまだ会計事務所に勤務していたころは、

 決算書(会計)を活用して社長方に儲けてもらいたいと思い、

 いろいろな分析や解説手法を身に付けようと、

 関連書籍を読みまくった時期がありました。


 ところが、会計事務所の内部にいると、

 社長方が常日ごろから想っていることなど、なかなかわからないものです。

 「社長方との間に存在する感覚のズレ」に気が付いたのは、

 会計事務所を辞めてからでした。


 普段から決算や税務申告業務に追われているなかでの「分析や解説」は、

 経営とは程遠く、会計の延長線上で考えているにすぎません。

 損益分岐点分析も同じです。変動費や固定費、そして限界利益率、

 すべてが日々行っている会計処理の延長でしか考えられないのです。

 税理士事務所が一方的に提供している「月次決算報告書」などは、

 その典型といっていいでしょう。


 多くの税理士たちは、決算書(会計)から何とかしようとします。

 会計に答えを求めようとします。

 社長方から見れば、経営に答えなどないことは百も承知なのですが、

 税理士は何とか社長の要望に、決算書(会計)で応えようとします。

 それがそもそも勘違いであることに、多くの税理士は気が付いていません。

 ですから、分析ソフトを探し、分析や解説のテクニックのセミナーに

 多くの税理士が集まります。そしてその先、、、行き詰まるのです。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


■7月17日(金)に「利益が見える戦略MQ会計【基礎編】」を

 京都ではじめて開催しました。主催者は京都の税理士法人です。


 なぜ京都なのか?


 2014年8月に神戸でMQ会計セミナーを開催したときのことです。

 京都から税理士事務所職員の方が参加しました。


 ひとことで言えば、

 「彼の熱意が彼の勤める税理士法人の所長を動かした」のです。


 7月17日のセミナーのあと、税理士法人の職員全員で

 休日返上でMG研修を行いました。


 その後、所長から私宛にメールが来ました。

 紹介したいと思います。


----------------------------------------------------------------------


 (京都の税理士からのメール)


 宇野さん、3日間有難うございました。

  昨年10月に東京のMQ会計セミナーに参加したときは、一般企業の方が

  半分くらいおられたんですが、そのときは「MQ会計に興味がある方も

  結構いるんだな」という程度の印象でした。


  7月17日(金)に京都で開催した「戦略MQ会計【基礎編】」に、

  私たちのお客様企業が参加されているのを後ろから見ていて、

  「この人、絶対居眠りするんやろなと」いう社長が宇野さんの話に集中し、

  一生懸命にメモをとっている姿を見ていて、「社長にしてみたら決算分析

  なんかよりMQのほうがはるかに有益なんだな」とリアルに実感しました。


 京都セミナーの翌日、はじめてMG(MQ戦略ゲーム)をやってみて

  感じました。

  会社に利益を残すには、どれだけMQを稼がないといけないのか。

  ・Pを下げると儲からない

  ・Pを下げる以上はQを増やさなければ!

  ・じゃあQを増やすにはどうする?

  ・だったらPを上げる方法はないか?

  などなど、頭の中でぐるぐる回る、あらたな思考の連続です。


  お客様に提供している月次決算報告書からは、まったくわかりません。

  MG研修に参加してみて、はじめてQの重要性がわかりました。


  3日間の研修で月次や決算業務に対する気付きだけでなく、

  自分自身、そして事務所の今後の戦略、事務所スタッフとの一体感など

  本当に有意義な時間を過ごせましたことに感謝いたします。


 MG体験後に、大阪のセミナーに参加しましたが、

  昨年、東京で受けたときと比べものにならないくらい、

  気づきと発見がありました。


  宇野さんから休憩中に言われた「所長、あんたは何がしたいの!」、

  会話のなかでの何気ない一言が、心に突き刺さりました。

  メルマガでぜひ紹介ください。私の素直な感想ですので、

  読まれた方がこの先、MQ会計に興味をもってもらえれば嬉しいです。


----------------------------------------------------------------------


▼税理士事務所が、まさにこれから変わろうとする瞬間、

 税理士法人が主催するMQ会計研修のご案内です。


 京都・利益が見える戦略MQ会計【特別編】2日間コース


 9月17日(木)/18日(金)は、残りわずかになりました

  ⇒ http://goo.gl/bKrKsM


 MG(MQ戦略ゲーム)がはじめての方は、ぜひご参加ください。

 MQ会計を体で実感できる2日間です。


 社長方はもちろん、MQ会計導入を検討している税理士、

 コンサルタントの方々も大歓迎!


 

 ※)京都は観光地のためか、各日程ともに宿泊がとりにくくなっています。

   参加ご希望の方は早めの意思決定をお勧めします。


 ※)MQ会計、MQ戦略ゲームは、開発者である西順一郎先生の会社、

   株式会社西研究所の登録商標です


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


▽MQ会計がはじめてで興味を持たれた方はこの冊子がおススメです。

 「利益が見える戦略MQ会計(かんき出版)」のもとになった小冊子です。

 詳しくはこちらから ⇒ http://goo.gl/lGnpza


 税務経理協会から出版された「会計はなぜ、マトリックスがいいのか」の

 もとになった小冊子です。

 詳しくはこちらから ⇒ http://goo.gl/ckb0Gr


----------------------------------------------------------------------


▼おかげさまで第4刷

 『利益が見える戦略MQ会計(かんき出版)』

 この先長く読み継がれる本になると思います。

 詳しくはこちらから ⇒ http://goo.gl/zurV9R



 ご意見やご感想をお寄せください。


 宛先は ⇒ ITS宇野寛:このメルマガに返信してください。 



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【発行元】株式会社アイティーエス http://www.mxpro.jp/

【発行責任者】宇野 寛  

【メルマガ登録・解除は】 http://goo.gl/5KMT67

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ※ブログやホームページ等への無断転載を禁止します。

  ただし、知人・友人への転送、社内での回覧はご自由にどうぞ。

  その際は全文を改変せずにご利用ください。


 

 【無料メルマガ】

 社長のための会計学 マトリックス通信

  ⇒ 最新バックナンバーはこちらから

 

 この先どうする!

   売上を増やすと、、、本当に利益が増えるのですか?

   経費を減らすと、、、本当に利益が増えるのですか?

   製造原価を下げると、、、本当に利益が増えるのですか?

 

 経営指導した15,000社が黒字体質に変わった!

   『利益が見える戦略MQ会計(かんき出版)』の著者が書き下ろす

   社長のための会計学です。

 

   メルマガをご希望の方は ⇒ こちらからご登録いただけます

  

社長のための会計学

【無料メルマガ】

 マトリックス通信

 最新バックナンバー