Vol.389【研究と開発】

 【研究と開発(その1)】

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■□  戦略MQ会計・DC・マトリックス会計

■□   社長のための会計【 マトリックス通信 】

■■   Vol.389 2015/08/25

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

  

■MQ戦略ゲーム(MG)を体験した方はご存じのように、

 Fのなかには”戦略費”という、決算書にない科目分類があります。

 

 会計の専門家たちから見れば、

 「経費は減らすもんだ!」「コストは管理するものだ」

 というのが常識ですが、

 MGを数多く経験すると経費に対する考え方が変わってきます。

 

 MQアップのためにFをどう使っていくか、

 戦略費は社長の意思決定そのもの、

 広告宣伝費、販売促進費、教育研修費、そして研究開発費。

 

 今回は、その「研究と開発」についての話です。

 

              ・

 

 では研究と開発は、どこがどのように違うのでしょうか。

 

 私はセミナーなどで、自己紹介の際にこう言います。

 

 「山形から来ましたITS宇野寛です。

  マトリックス会計とMQ会計を日々研究しています。」

 

 ときどき聞かれます。

 

 「日々研究って、何をするんですか?」

 

              ・

 

 研究というと、試験管やフラスコが並んだ研究室で、

 白衣を着て実験している姿を思い浮かべる人もいるでしょう。

 

 研究する?

 

 具体的にイメージしにくい人も多いと思います。

 

 

■私は会計事務所を辞めた後、

 コンピューターソフトウェアを作る会社を興しました。

 

 「あるシステムを作りたい!」という思いで、

 20代半ばからプログラムの勉強をはじめたのがきっかけです。

 そのころはまだ、マトリックス会計を知りません。

 

 20年以上、この業界で仕事をしてきて気付いたこと、

 それは、

 

 プログラマーの多くは、

 言われたことや要求に対してどうするかを考え、

 アイデアや知恵を出して

 システムを構築する技術は優れているのですが、

 

 「じゃあ、自分で何か作りたいものある?」

 

 と聞くと、ほとんどの人から

 

 「それが、ないんですよねー」「考えたこともありません」

 

 という答えが返ってくるのです。

 これは、研究ではなく「開発」です。

 

 人から与えられなければテーマを決められないという人は、

 研究者には向いていません。

 いまの日本の教育システムでは、

 研究者は育ちにくいのかな、と考えたりします。

 

 

■税理士やコンサルタントの業界でも同じです。

 「企業のために何とかしたい!」と思っても、

 自らテーマを決めて研究などしている時間はありません。

 

 手っ取り早いのが、

 過去に誰かが書いた書籍や文献を読み、

 それをマスターし、そして人に伝える。

 

 1890年代後半にアメリカの銀行が貸付目的のために

 企業への財務諸表要求からはじまった財務分析、

 100年以上経ったいまでも、根本は変わっていません。

 

 日本の原価計算基準は、

 1962年に当時の大蔵省企業会計審議会から

 中間報告として公表されて以来、一度も改正されずに

 今も使われ続けています。

 

 故、越村信三郎氏の「行列簿記」、

 流動性配列を無視してマトリックス会計を作った西順一郎先生、

 どちらもすばらしい研究です。

 

 

■じゃあ、

 

 私が日々行っているマトリックス会計の研究、

 MQ会計の研究って何?

 

 勉強、学問、研究、、、 

 どこが違うの?

 

 研究と開発は一緒じゃないの? 

 続きは、⇒ こちらから

  

 

社長のための会計学

【無料メルマガ】

 マトリックス通信

 最新バックナンバー

 

 申込みをされた方が当日参加できない場合には、

  代理の方がご参加くださいキャンセルはご遠慮ください。