Vol.445【MQ会計の全体像マップ】

 【MQ会計の全体像マップ】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
□■  戦略MQ会計・DC・マトリックス会計
■□   社長のための会計学【 マトリックス通信 】
□■   Vol.445 2017/08/18
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
■何年かぶりに「管理会計」の本を買ってみました。
 
 いつもは、パラパラめくる程度ですが、
 今回は、ある単語に「ドキッ」としたからです。
 
 管理会計というと、
 決まって出てくるのが変動費と固定費、原価計算、
 そして損益分岐点。
 
 つい、買ってみようと思った「フレーズ」、
 
 それは、表紙のオビに書いてあった
 
 「管理会計って、、、じつはコストのこと!」
 
 それだけの理由です。
 コストという観点から、
 あらためて管理会計を見てみたいと思ったからです。
 
 中身はというと、最近よくある「物語仕立て」で、
 業績の悪い会社に敏腕コンサルタントが現れ、
 現場から嫌われながらも、業績回復に向けて奮闘するというものです。
 
 
 
■「管理会計って、、、じつはコスト!」
 
 これだけで買った本でしたが、
 
 読んでみると、たしかにコストの話題ばかりです。
 
 そういえば思い出しました。
 
 過去に読んだ管理会計の本も、コストの話でした。
 
 「管理会計=コスト」
 
 ・コストは、会社の内部の問題
 ・内部のコスト管理をどうするのか
 ・費用を固定費と変動費に分けて考えよう
 
 ・コストを削減する、あるいはコントロールする
 ・それが業績向上につながる
 
 コストに視点を置くのか、利益を中心に考えるのかで、
 この先の行動目標は変わります。
 
 利益は会社の外にしかありません。
 会社の中にはコストしかないのです。
 
 だからコントロールしやすいコストに目を向けるのか、
 外部に存在する利益に目を向けるのか。
 
 管理会計はコスト意識
 MQ会計は利益意識
 
 MQ会計は、会社の外にある利益をどうするのか、を考えます。
 そもそもスタート時点での視点が違うのだということを、
 この本を読んで整理することができました。
 
 
 
■今回、「MQ会計の全体像マップ」を作りました。
 
 MQ会計に興味をもった人たちが、
 その先、何に疑問をもち、何につまづくのかを
 マップにしたものです。
 
 「これは使えるかもしれない」
 
 さて、どこから手をつけようか!
 
 多くの人は、自身の会社をMQ会計表に置き換えて見たくなります。
 そして、挑戦します。
 
 作る過程で、決算書を真剣に眺めるようになります。
 そうすると、いままでわからなかった決算書の構造が見えてきます。
 そしていろんなことに気がつきます。
 
 ・これまで気にしていなかった勘定科目
 ・中身がよくわからない項目
 ・売上原価ってVQ?
 
 ・期首と期末の製品や仕掛品の棚卸はどうすればいい?
 ・発送運賃はVQ?それともF?
 ・外注費はVQでいいの?
 ・VQとFの区別がわからない
 
 とりあえず作ってみた!
 ビジュアルになり、決算書よりは見やすくなった。
 解説しやすくなった。
 
 じつは、この段階で満足している税理士やコンサルタントが多いのです。
 MQ会計への誤った理解を整理しなければなりません。
 
 とりあえずできたものの、
 その先、これをどう活用していけばいいのか。
 どうすれば業績向上につながるのかがわからなくて、つまづきます。
 
 
 たしか、
 
 MQ会計は、
 
 未来を見るための、
 
 社長のための会計だったはず。
 
 未来を見るとはどういうこと?
 
 
 「未来を見る」とは、未来のMQを測定することです。
 3カ月先までの利益が見えるような仕組みを作ることです。
 
----------------------------------------------------------------------
 
 なぜ、このマップを作ろうと思ったのか。
 
 これまでMQ会計のセミナーへ参加された方々からの
 質問や疑問をまとめていくうちに、このようなマップができあがりました。
 
 目的地までの道のりを示した地図です。
 
 東京で年に2回開催しているMQ会計セミナーですが、
 10月には、あらたな企画で行います。
 
 ●MQ会計に興味があるが何ができるか、どうなるかを知りたい
 ●概要はわかるが具体的にイメージできない
 ●MQ会計の導入を検討したい
 ●3日間のうちどのセミナーに参加すればいいでしょうか?
 ●書籍で勉強したので実践編だけでいいでしょうか?
 
 ●税理士やコンサルタントは、
  MQ会計を使って企業にどう対応していけばいいのだろうか?
 
 このような方々のためのセミナーが「戦略MQ会計2日+1日」です。
 
 ホームページに「MQ会計の全体像マップ」を載せました。
 クリックすると拡大できます。
 
 【東 京】戦略MQ会計セミナー
  2017年10月19日(木)~21日(土)
  ⇒ https://goo.gl/1nUkg2
 
----------------------------------------------------------------------
 
 現在受付中のこのほかのセミナー
 
 ▼社長のための戦略MQ会計【基礎講座】
 
  京都・2017年09月21日(木)
  ⇒ https://goo.gl/PR9uHk
 
  三重県四日市・2017年10月27日(金)
 
 
 ▽MG研修2日間
 
  京都・2017年09月22日(金)/ 23日(土)
 
  三重県四日市・2017年10月28日(土)/ 29日(日)
 
 
 ▼MG研修2日間【特別編】
  社長のためのキャッシュフロー
  東京・2017年08月25日(金)/ 26日(土)
  ⇒ https://goo.gl/m73vSK 
 
----------------------------------------------------------------------
 
 これからの予定
 詳細はこのメルマガでお知らせします。
 
 東 京・2017年11月17日(金)/ 18日(土)MG研修【特別編】
 
 鹿児島・2017年12月05日(火)社長のための戦略MQ会計【基礎講座】
 
 京 都・2017年12月08日(金)社長のための戦略MQ会計【基礎講座】
 京 都・2017年12月09日(土)/ 10日(日)MG研修
 
 鹿児島・2018年02月02日(金)社長のための戦略MQ会計【基礎講座】
 鹿児島・2018年02月03日(土)/ 04日(日)MG研修

 

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【発行元】株式会社アイティーエス http://www.mxpro.jp/

【発行責任者】宇野 寛  

【メルマガ登録・解除は】 http://goo.gl/5KMT67

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ※ブログやホームページ等への無断転載を禁止します。

  ただし、知人・友人への転送、社内での回覧はご自由にどうぞ。

  その際は全文を改変せずにご利用ください。

 

 

 【無料メルマガ】

 社長のための会計学 マトリックス通信

  ⇒ 最新バックナンバーはこちらから

 

 この先どうする!

   売上を増やすと、、、本当に利益が増えるのですか?

   経費を減らすと、、、本当に利益が増えるのですか?

   製造原価を下げると、、、本当に利益が増えるのですか?

 

 経営指導した15,000社が黒字体質に変わった!

   『利益が見える戦略MQ会計(かんき出版)』の著者が書き下ろす

   社長のための会計学です。

 

   メルマガをご希望の方は ⇒ こちらからご登録いただけます

 

 

社長のための会計学

【無料メルマガ】

 マトリックス通信

 最新バックナンバー