Vol.449【社長たちにとっての資金繰り】

 【社長たちにとっての資金繰り】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
□■  戦略MQ会計・DC・マトリックス会計
■□   社長のための会計学【 マトリックス通信 】
□■   Vol.449 2017/09/28
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
■社長方に質問です。
 
 (質問1)
 前月の会社の預金残高は1000万円でした。
 当月末は3000万円になっていました。
 社長であるあなたは、
 
  1.喜ぶ
  2.悲しむ
  3.わからない
  4.その他
 
 いかがでしょうか?
 
 講義のなかで、社長方に質問を投げかけます。
 もっとも多かったのが、
 
 「1.喜ぶ」
 
 です。
 
 「2.悲しむ」を選ぶ人は一人もいませんでした。
 
 
■ある日、ホームページを見た社長から問合せのメールが来ました。
 
 『ご相談なのですが、
  決算書等を見ていただきアドバイスをいただきたいのです。
 
  というのも、決算上は黒字ですが、毎年現金が目減りし、
  正直何をすればいいのか迷っております。
 
  顧問税理士に話をするのですが、
  売上を増やすか原価や経費を下げるか、そればかりです。』
 
 
 メールには「決算書等」と書いてあります。
 決算書や会計資料からわかること、それは
 
 ・売掛金が増えてますね
 ・在庫が資金繰りを圧迫しています
 ・流動比率、とくに在庫と売上債権、買入債務のバランスを
  改善してはいかがでしょうか
 
 これが限界。具体的な解決策にはつながりません。
 
 中小小規模企業の社長たちにとって、
 資金繰りは経営のなかでも、もっとも重要な部分の一つです。
 毎月資金繰りに悩んでいたら、とても経営に集中などできません。
 
 
■今度は、経営のアドバイスをする立場の
 税理士やコンサルタントの方たちに質問です。
 
 (質問2)
 期首の在庫(商品、製品、仕掛品など)の合計は3000万円でした。
 期末ではそれが8000万円に増えていました。
 このような状況では会社のキャッシュフローは、
 
  1.良くなる
  2.悪くなる
  3.変わらない
  4.その他(わからないを含む)
 
 (質問3)
 期首の買掛金残高は1000万円でした。
 期末の買掛金残高は2000万円に増えていました。
 この場合、会社のキャッシュフローは、
 
  1.良くなる
  2.悪くなる
  3.変わらない
  4.その他(わからないを含む)
 
 年に2回だけ行っている「社長のためのキャッシュフロー」セミナーの
 冒頭で行う質問です。
 
 さあ、あなただったらどう答えるでしょうか。
 
 続きは ⇒ 次回です。
 
 

社長のための会計学

【無料メルマガ】

 マトリックス通信

 最新バックナンバー