Vol.457【続・「会計ソフトの役割」について考える】

 【続・「会計ソフトの役割」について考える】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
□■  戦略MQ会計・DC・マトリックス会計
■□   社長のための会計学【 マトリックス通信 】
□■   Vol.457 2018/03/07
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  
■会計ソフトの役割についての続編です。
 
 会計ソフトの大きな役割の一つは、
 経理事務に手間ひまをかけないため、です。
 事務処理を楽にするため、です。
 
 「会計ソフト」とは「事務処理ソフト」です。
 ですから、手書きで帳簿をつけていたときのやり方が、
 そのままソフト(プログラム)のなかで行われています。
 パソコンになっても、会計帳簿のつけ方の基本のとおりに
 ソフトが組まれているわけです。
 
 会計ソフトのメーカはたくさん存在しますが、
 税務申告が目的であれば、
 どのメーカーのソフトでも機能は十分に備わっています。
 日々企業側で発生する取引を会計ソフトに入力しさえすれば、
 税務申告に必要な帳表や資料は、自動的に作成されるからです。
 
 「転記作業」
 「分類集計作業」
 
 会計ソフトに期待できるのはこの部分です。
 
              ・
 
 会計ソフトが世のなかに出はじめたころ、
 おそらく30年以上前のことだと思いますが、
 NHKの番組で「会計ソフト」の特集をしていました。
 
 そのなかで会計ソフトの便利さと問題点が挙げられました。 
 
 これまで簿記の技術をマスターしないと決算書が作れなかったのが
 これからは、誰にでも会計処理ができるというものです。
 
 便利さの反面、番組で問題として取り上げられていたのが、
 
 「過去に遡って(さかのぼって)データを自由自在に直せる」
 
 でした。
 
 「会計ソフトを入れることで、利益をいくらでも調整(操作)できる、
  つまり、脱税につながらないか」
 
 というものです。
 
              ・
 
 私は、当時すでに会計に従事していましたから、
 興味をもってその番組を見ていました。
 
 「いずれそんな時代が来るんだ」
 
 まさにひとごとです。
 なにせ会計の現場では、手書きで帳簿をつけるのが常識の時代。
 遡って直すなどという発想はありません。
 
 ところがその後、パソコンが普及し始めると、
 会計の現場にもその波があっという間に押し寄せてきます。
 そして、遡って直せるのが当たりまえの時代になったのです。
 
 
■今回は、この「過去に遡って直す」ということについて、
 税務と経営、それぞれの観点から考えてみたいと思います。
 
 会計ソフトに関係なく、そもそも企業が会計帳簿を作成する目的は、
 
 「法律で決められているから」です。
 
 年一回の税務申告だけを考えれば、
 「遡って修正できるソフト」は、経理業務には適しませんし、
 会計の慣習では、帳簿はけっして遡って修正してはいけないのです。
 
 ですから、間違いを発見した場合には、
 その月に訂正伝票を起票し、対応しなければなりません。
 会計に携わる人たちにとって、それはいまでも【常識】です。
 
 
 「先月の売上を計上する際に誤って百万円少なく集計してしまった。」
 
 という場合、税理士は、あるいは会社の経理は、
 どのように処理するでしょうか?
 
 会計ソフトを、税務申告だけに使うのであれば、
 誤りを”発見した月”に訂正すれば済みます。
 
 ところが、
 
 ところがです。
 
 もし、あなたの会社で、会計ソフトに入力したデータを
 経営に使っているのであれば、
 
 話は違ってきます。
 
 
■私が考える会計情報への期待のひとつは、
 【警戒警報】としての役割です。
 けっして会計ソフトへの期待ではありません。
 
 社長方がもし、会計情報を経営に活用するのであれば、
 会計ソフトから出力される決算書などの帳表類よりも、
 そこに蓄積された会計データや情報をどのように活用するのかに着目し、
 
 ★蓄積される「データの質を上げていくこと」★
 
 会計ソフトの使い方ではなく「データの活用の仕方」の話です。 
 
 税理士もコンサルタントも、ここを誤れば、
 決算書の解説や帳表の分析に終始することになってしまいます。
 
 『経営に対する警戒警報としての会計の役割』
 
 ★これは重要★
 
 経営の危機を知らせる情報が、
 本来、会計システム(会計ソフトではない)のなかに備わっているのですが、
 具体的にどのように活用するのか、という話にはなかなかなりません。
 これをきちんと説明し指導できる税理士はごく少数、
 会計情報を経営に活用するうえで、とても大切なことです。
 
 (つづく)
 
  

社長のための会計学

【無料メルマガ】

 マトリックス通信

 最新バックナンバー