Vol.491【知らないときの疑問と知ってからの疑問】

 【知らないときの疑問と知ってからの疑問】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
□■  戦略MQ会計・DC・マトリックス会計
■□   社長のための会計学 【マトリックス通信】
□■   Vol.491 2019/05/22
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
>> 経常利益とGは別もの
>> VQは売上原価でもないし変動費でもない
>> MQ会計表はDCでないと作れない
 
 
■当時幼稚園に通っていた孫におみやげを頼まれた。
 
 「ジイジ、トミカ買ってきてね。いっぱいだよ!」
 
 「ジイジは貧乏だからいっぱいは買えないよ」
 
 「びんぼうって何?」
 
 「幼稚園に行ったら先生に聞いてみ、
 
  『うちはとてもびんぼうなんです。貧乏って何ですか?』って」
 
 「ふーん」
 
 わきで聞いていた母親(私の娘)が、
 
 「ジイジ、やめてよ!!!!」
 
          ・
 
 子どもは何でも聞いてくる。疑問を抱く。好奇心旺盛。
 
 授業中に騒ぎまくる子、おとなしい子、
 
 「先生、はあーい!、はあーい!!」
 
 積極的に手を上げて答えようとする子。
 
 ところが大人になるにつれそれがなくなる。
 会社に入るころには「変なふんべつ」が身につく。
 
 会議では発言しなくなるし、
 昔からやってきた作業や仕事のやり方に疑問を持たなくなる。
 
 常識からなかなか抜けられず、
 アイデアや新たな発想が出なくなり、
 あたりまえのことしか考えつかない。
 そして、このこと自体疑問に思わなくなっていく。
 
 
■社長はつねに会社のことを考えている。
 
 業績を上げるために、
 社員のことも考えながら、、
 未来をどうするか考え、、、
 売上を増やそうと試みる。
 
 「じゃあ、どうやって売上を増やす!?」
 
 ところが、想像力や発想力が身についていないと
 そう簡単にアイデアは出てこない。
 フツーの人が思いつくようなことは誰でも思いつく。
 
 新しいアイデアを次々と生み出す人がいる一方で、
 同レベルの知性を持ちながら、
 新しいアイデアを生み出せない人が多いのも現実。
 
 では、この差はどこから来るのだろうか。
 垂直思考より水平思考、
 そして思考力と応用力が深く関係しているのではないか!
 
 「思考力」って何?
 どのような状態を「応用力がある」という?
 
===========================================
 
 ◎ 管理会計もMQもどきも
   制度会計や税務会計の支配下にあるのに対し
   ホンモノのMQ会計は頭脳の支配下にある 
 
===========================================
 
 SNSでためしに発言してみた。
 
 この言葉を真剣に受け止め考える人、
 なんだ、このたわ言は、、、と思う人、
 
 MQ会計にかぎらず、習ったこと学んだことを現場で活用するためには、
 「思考力と応用力」は欠かせない。
 
 本を読み研修やセミナーに参加して「わかった気になる」人。
 「わかるレベル」から「できるレベル」まで独力でものにする人。
 「わかる」と「できる」の間には大きな段差が存在するのだが、
 「わかったつもり」が思考を停止させ、疑問をなくし、成長を妨げる。
 
 「思考力と応用力」は、自身の【基礎学力】ではないか、
 そのために必要なのが「読む力と人の話を聴く力」、
 そして「疑問をもつこと」ではないかと思っている。
 
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
▼2019年のテーマは、
 「思考力・応用力・創造(想像)力・・・そして行動!」
 MG研修は「わかる」から「できる」へのスキルアップ
 
▽東京MG2日間【特別講座・第2回】
 戦略MQ会計Part2+マトリックス会計
 東京・2019年06月28日(金)/ 29日(土)
 
▼東京MG2日間【特別講座・第3回】
 未来を見るための計画+マトリックス会計
 マトリクス会計で計画を作ります
 東京・2019年08月02日(金)/ 03日(土)
  
 

 

 

メルマガをご希望の方は、こちらからご登録いただけます

 ⇒ 社長のための会計学【マトリックス通信】

 

社長のための会計学

【無料メルマガ】

 マトリックス通信

 最新バックナンバー