Vol.509【MQ会計と数学(その1)・抽象化】

 【MQ会計と数学(その1)・抽象化】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
□■  戦略MQ会計・DC・マトリックス会計
■□   社長のための会計学【 マトリックス通信 】
□■   Vol.509 2020/07/15
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
■とりあえず、やってみよう!
 
 MQ会計のセミナーを始めたのが2005年。
 
 当時はまだ、
 
 「何?エムキュウ?カイケイ??」
 
 という反応でしたが、あれから15年が経ちました。
 
 「MQ会計の実践と研究」を通して感じたことを
 書いてみようと思います。
 
 
 これまでセミナーや研修の講義の中で「避けてきたこと」があります。
 
 MQ会計はシンプルでカンタン、だれでもわかる、ということと相反するし、
 「えっ!」と思う人や「ぞっとする」人も多いからです。
 
 それは、
 
 「MQ会計は数学」というフレーズです。
 
                ・
 
 「会計と聞くとぞっとしますが、MQ会計は私にもできそうだと感じました」
 
 と思ってくれた社長に、
 
 「いや、じつはMQ会計は数学なんですよ!」
 
 とは言いにくい。
 
 
 できるだけ触れないようにしていましたが、
 
 とくにMQ会計を伝える側(税理士、コンサルタント)の人たちには
 きちんと理解してほしい、、、と思い、
 ここ2年間は講義の中で機会あるごとに話すようにしてきました。
 
 「なぜ数学なのか!」
 
                ・
 
 2009年にかんき出版から出した「利益が見える戦略MQ会計」は、
 すでに10年が経過しました。
 
 10年も経てば私の研究も進んでいます。
 いま読み返すと直したい部分が出てきています。
 
 今回の原稿も数年後には進化しているかもしれません。
 なので、1週間の期間限定での公開です。
 
 

 

 

メルマガをご希望の方は、こちらからご登録いただけます

 ⇒ 社長のための会計学【マトリックス通信】

 

こちらもいかがですか  

 

 Vol.505 【日本でいちばん大きな会社の社長の話】

 Vol.502 【社長のためのMQ思考】

 Vol.501 【センスとスキルとMG】

 Vol.500 【「日本はもはや教育先進国ではない」ってどういうこと】

 Vol.499 【他人ごと】

 Vol.498 【キャッシュフローについて考える】

 Vol.497 【決算書は究極のドンブリ勘定】

 Vol.495 【まことしやかに言われ続けてきた財務分析の常識】

 Vol.479 【やってみなけりゃわからない!?】

 Vol.476 【思考力と応用力】

 Vol.475 【決算書を眺める際のポイント】

 Vol.474 【会計独特の構造の不思議】

 Vol.473 【社長が決算書の必要性を感じたとき】

 Vol.472 【この先、あらたな創造を生み出す】

 Vol.471 【利率をたった2%アップすると・・・】

 Vol.470 【売上が増えた?!減った!】

 Vol.469 【利益が出ているのにカネがない!】

 

 Vol.331【決算書が読めるって、どういう状態のことですか?】

 Vol.335【前年同月対比と税務署、どちらを選びますか?】

 Vol.337【ある建設業の社長の悩み・税理士からのアドバイスは…】

 

 Vol.143【部門別損益計算のなぞ】

 

 Vol.359【管理会計を学んでその先どうする?】

 Vol.390【経営分析の疑問・管理会計の矛盾】

 Vol.445【管理会計って、じつはコストのこと!】

 

 Vol.411【間接法で作られたキャッシュフロー計算書】

 Vol.449【社長たちにとっての資金繰り】

 

 Vol.424【バカヤロー!売上が増えれば誰も苦労しないわ!!】

 Vol.446【生産性があがらない!】

 Vol.459【月次決算書からMQ会計表を作る】

 

社長のための会計学

【無料メルマガ】

 マトリックス通信

 最新バックナンバー