Vol.464【マトリックス会計と決算書】

 【マトリックス会計と決算書】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
□■  戦略MQ会計・DC・マトリックス会計
■□   社長のための会計学【 マトリックス通信 】
□■   Vol.464 2018/06/04
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
▼京都・利益が見える戦略MQ会計
 
 近畿では年に1回のセミナーです。
 遠方から参加される方のためにホテルを用意しています。
 
 MQ会計【理論と応用】
 京都・2018年08月17日(金)~18日(土)
 詳しくはこちらから
 
 MQ会計【実践編】
 京都・2018年08月19日(日)
 【理論と応用】とセットでの受講がお勧めです。
 再受講される方は割引があります。
 
----------------------------------------------------------------------
 
▼MG研修2日間【特別編】
 
 東京・社長のためのキャッシュフロー
 2018年08月25日(土)/ 26日(日)
 
 社長が見なければならない重要部分を徹底解説!
 
 
▼京都・MG研修2日間
 
 2018年06月23日(土)/ 24日(日)
 残りわずか
 
 
▽東京・MG研修2日間
 
 2018年06月16日(土)/ 17日(日)
 満席になりました
 
----------------------------------------------------------------------
 
▽埼玉川口・社長のための戦略MQ会計【基礎講座】
 
 2018年06月14日(木)は満席になりました
 
 2018年08月23日(木)受付中
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
■『マトリックス会計表は、
  会計と結びつけないほうが良いかもしれない!』
 
 『会計表だと思ってしまうから未来に使えなくなってしまう!』
 
 
 そう考えると「マトリックス会計」が果たすべき役割が
 明確になってきたのです。
 
                 ・
 
 前回の続きです。
 
 ◎マトリックス会計が果たすべき役割
 ◎マトリックス会計で未来を考える
 
 この2つは私にとって重要な研究テーマです。
 この話をする前に「決算書の構造と決算書ができあがるまでの工程」
 について触れなければなりません。
 
 
----------------------------------------------------------------------
 
■「経営者は数字で経営を考えなければならない!」
 「決算書くらい読めないようでは社長として失格!!」
 
 そこで多くの社長たちは会計を学ぼうとします。
 
 税理士たちも、
 自分たちが作る決算書をどのように説明しようかと頭を悩ませ、
 解説のしかたや分析に工夫を凝らし、
 わかりやすい帳表やグラフを作ろうとします。
 
 ところが、
 【これだ!】という根本的な解決策はでてきません。
 
 会計の本を書くのは、昔から会計士や税理士、会計学者と
 相場が決まっていました。そしてとりだたされるのが、
 
 B/S(貸借対照表)
 P/L(損益計算書)
 C/S(キャッシュフロー計算書)
 
 の関係です。
 
 B/S・P/L・C/Sをそれぞれ単体で見れば、なんとなくわかります。
 ところが「利益が出ているのにカネはないのはなぜか?」
 については、この3つの表からは説明ができません。
 
 そこでこれらの3つの関係(決算書の構造)を解説しようと、
 いろいろな書籍が出版され帳表が考案されました。
 
                 ・
 
 「そもそも、なぜ3つに分解するのか」 
 
 そして
 
 「なぜ、3つの関係を【あえて】説明しなければならないのか」
 
 決算書を作る過程にヒントがありそうです。
 
 
 
■決算書を作ろうとすると簿記会計の専門的な知識が必要です。
 簿記会計を学ぶということは、
 決算書を作る工程を学ぶということでもあります。
 教科書には決算書を【手作業】で作成するための手順が書かれています。
 
 
 1.企業で日々発生した取引から【伝票】を起こす
   すでに枠が印刷されている入金伝票、出金伝票、振替伝票に
   記入することを「起票」と言います。
 
 2.伝票から【仕訳帳】を作成する
   仕訳帳とは、起票されたすべての伝票の取引内容を
   日付順に一覧表にしたものです。
 
 3.仕訳帳から【元帳】へ転記する
   仕訳帳には借方(左側)と貸方(右側)にそれぞれ
   勘定科目と金額が記入されています。
   左右すべての勘定科目と金額を該当する元帳の勘定科目へ
   一つ一つ手作業で転記していくのです。
 
 4.【試算表】へ集計
   勘定科目や金額が仕訳帳から元帳に正しく転記されているか、
   を確認検証するために月単位で作るのが「月次試算表」です。
   試算表とは読んで字のごとく「試算するための資料」です。
   試算表は「複式簿記の原理」により貸借が一致します。
   試算表の段階ではまだ、B/S・P/Lに分解されていません。
 
 5.決算書(B/S・P/L・C/S)を作成する
   決算書は、試算表をB/SとP/Lに分解して作ります。
   分解するための帳表が【多桁式精算表】です。
 
  会計ソフトから出力される「月次決算書や月次試算表」は、
   すでにB/SとP/Lに分解されています。
  C/SはB/SとP/Lの情報を使って作りますが、
   この作り方を「間接法」といいます。
 
 
----------------------------------------------------------------------
 
■会計ソフトでは伝票入力画面で仕訳を入力しさえすれば、
 2から5までの帳表は作成順番に関係なく、出力することができます。
 
 会計ソフトの内部で何が行われているのか、
 途中の処理は完全にブラックボックス。
 なにをやっているのかは、はた目からはわかりません。
 
 手作業で決算書を作る際は順番がとても重要でしたが、
 会計ソフトでは途中の処理順番はどうでもいいのです。
 日々発生する仕訳を入力しさえすれば、
 2から5までの帳表は会計ソフトが勝手に作ってくれるのです。
 
 若い税理士の人たちに、
 「1から5の手順で、手作業で決算書を作ったことがありますか?」
 と聞くと、ほとんどの税理士は経験がありません。
 会計ソフトの操作に関しては詳しいけれど、
 決算書ができるまでの工程に関しては、さほど興味はないようです。
 
 それと同じことが起きています。
 
 多くの社長たちも、決算書がどのようにして作られるのか、
 知りませんし興味もありません。
 
 税理士も社長も、
 決算書が完成するまでの【工程】は重要ではないのです。
 興味があるのは決算書という【成果物=帳表=結果の表】なのです。
 
 
                 ・
 
 このままでは
 「マトリックス会計表はMGにおいても【ただの決算書作成ツール】」
 で終わってしまいます。
 B/S、P/L、C/Sを作るための【たんなる工程】にしかすぎません。
 
 (つづく)
 
 
----------------------------------------------------------------------
 
▼18年間のマトリックス会計の研究において
 もっとも時間を費やしてきたのが【資金計画】の部分です。
 
 資金の動きを予測する方法はないのか、について考え続けてきました。
 そして「社長方にとって必要なのは予測ではない」という結論に達しました。
 難しい数学を使ったところで、けっして現実には当てはまらない。
 予測ではなく、あくまでも社長の意思を入れた計画にしなければならない。
 
 じゃあ、どうする!
 社長が見なければならない重要部分を徹底解説!
 
 東京・社長のためのキャッシュフロー
 2018年08月25日(土)/ 26日(日)
 
 

社長のための会計学

【無料メルマガ】

 マトリックス通信

 最新バックナンバー