Vol.471【利益率をたった2%アップすると・・・】

 【利益率をたった2%アップすると・・・】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
□■  戦略MQ会計・DC・マトリックス会計
■□   社長のための会計学【 マトリックス通信 】
□■   Vol.471 2018/09/18
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
▼2018年10月06日(土)/ 07日(日)
 東京・MG研修2日間
 
----------------------------------------------------------------------
 
▽2018年10月19日(金)~20日(土)
 東京・MQ会計2日間【理論と応用】 
 
▽2018年10月21日(日)
 東京・MQ会計【実践編】
 
----------------------------------------------------------------------
 
▼2018年11月13日(火)/ 14日(水)
 佐賀伊万里・MG研修2日間
 (この研修は参加条件があります)
 
----------------------------------------------------------------------
 
▽2018年11月30日(金)
 福島いわき・社長のための戦略MQ会計講座
 
▼2018年12月01日(土)/ 02日(日)  
 福島いわき・MG研修2日間
 
----------------------------------------------------------------------
 
▼2018年12月08日(土)/ 09日(日)
 京都・MG研修2日間
  ⇒ 近日受付開始
 
▼2018年12月15日(土)/ 16日(日)
 東京・MG研修2日間
 
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
■税理士と社長の会話
 
 昨年と比べて利益が大幅に減っていますよ。
  売上が1割も落ちたのが影響しているようです。
  何か心あたりがありますか?
 
 
 社長は、売上が落ちた原因を一生懸命説明します。
 
 でも、アドバイスする側は、
 
 「じゃあ、どうすればいいのか」
 
 など、そう簡単に言えません。
 
 そこで、率を使った分析がはじまります。
 
 
 売上が1割も落ち、そのうえ粗利率が2%下がっています。
  これが利益が減った大きな要因の一つです。
 
  ・・・(言われなくてもわかってるわい!)
 
 
 社長は、黙って聴いている"ふり"をします。
 
 さらに税理士は、次のようなアドバイスをはじめます。
 
 
 売上を減少前まで回復し、
  粗利率を「たった2%」アップさせれば、
  利益は〇○円になりますよ。
 
  ・・・
 
 (なんだよ、もとに戻るだけかよ。
 
  どうやって売上を回復し、どうやって粗利率を2%アップさせるのか、
 
  そんな方法があったら教えてくれ!)
 
 
 やはり社長は反応がありません。
 
 税理士の話は【率】が中心です。
 
 多くの税理士やコンサルタントは、
 金額に関する具体的な話はしません。
 
 決算書を【率で解説】しているのです。
 
 決算申告時期になると、
 このように多くの税理士が「むなしい決算分析」を続けているのです。
 
 このむなしさから抜け出す方法はひとつ、
 率による決算書の解説や経営分析を一切やめること、です。
 
 
----------------------------------------------------------------------
 
■今回は、
 
 「粗利率を【たった2%】アップさせれば、、、」
 
 について考えてみたいと思います。
 
 
 かりに、
 
 前期粗利率(売上総利益率のこと)30%、
 
 当期粗利率28%、
 
 だとすると、
 
 
 「前期から比べて2%減少した」
 
 
 という表現は、
 
 具体的に何がどうなったのでしょうか?
 
 
 売上総利益率(=粗利率)
 
 のように【率】がつく指標には、
 
 必ず
 
 「分子と分母」
 
 があります。
 
 
 この場合の分子は「売上総利益(粗利益)」、
 
 分母は「売上高」。
 
 
 では、冒頭の税理士と社長の会話、
 
 
 売上を減少前まで回復し、
  粗利率を「たった2%」アップさせれば、
  利益は〇○円になりますよ。
 
 
 
■では実際、
 
 【決算書で売上総利益率(=粗利率)を上げるにはどうするか!】
 
 カンタンな数字で実験です。
 
 次のような決算書があります。
 
 売上総利益率は40%です。
 
 
   売上高         1000万円
   売上原価   600万円
   売上総利益  400万円(40%)
  -------------------------------
   販売管理費  410万円
   営業利益   ▲10万円
 
 
 売上総利益率を1%上げれば、
 営業利益はトントン(ゼロ)。
 
 さらに1%上げて42%にすれば
 営業利益はプラス10万円。
 
 
 売上総利益率40%を41%にするには
 
 4つの方法が考えられます。
 
 1.売上高そのまま、売上総利益を1%上げる
 
 2.売上総利益そのまま、売上高を減らす
 
 3.売上原価そのまま、売上高と売上総利益をそれぞれ増やす
 
 4.それぞれの金額の組合せで結果の率を計算する
 
 
 売上総利益率を求める際の
 
 分子は「売上総利益」
 分母は「売上高」
 
 ようするに、
 
 分子と分母をどうするのか!
 
 ただそれだけ
 
 
 
■冒頭の
 
 「粗利率を2%アップすれば・・・」は、
 
 1から4のどれを言っているのでしょうか。
 
 
 「2.売上総利益をそのままにして売上高を減らす」
 
 売上を減らして率だけ上げても営業利益は変わりません。
 
 
 「1.売上高そのまま、売上総利益を1%上げる」は
 
 小学生でも解ける計算です。
 
 
 「3.売上原価そのまま、売上高と売上総利益をそれぞれ増やす」
 
 「4.それぞれの金額の組合せで結果の率を計算する」
 
 この2つはすぐに計算ができません。
 
 
 売上総利益率を単純に1%上げたのが次の状態です。
 
 
   売上高         1000万円
   売上原価   590万円
   売上総利益  410万円(41%)
  -------------------------------
   販売管理費  410万円
   営業利益       0万円
 
 
 さらに2%上げたのが次の状態です。
 
   売上高         1000万円
   売上原価   580万円
   売上総利益  420万円(42%)
  -------------------------------
   販売管理費  410万円
   営業利益    10万円
 
 
 しかし、これらはすべて【静止画像】!
 
 静止画像上では、
 いくらでも計算はできるのです。
 
 
 
■多くの税理士やコンサルタントは
 
 売上高1000万円の状態を保ち、
 
 たんに「率を上げる」は、
 
 つまり、
 
 「1.売上高をそのままにして売上総利益を2%上げる」
 
 の状態です。
 
 
 そうすると、
 
 必然的に売上原価を減らさなければなりません。
 
 では、
 
 売上原価率をどのくらい下げればいいのか、
 
 【2%】です。
 
 では、
 
 どうすれば売上原価を2%下げることができるのか!
 
              
 
 1個60円で仕入れたリンゴを100円で販売する場合の原価は60円、
 原価率は60%です。当然粗利率は40%になります。
 このリンゴの粗利率を2%上げるには、販売価格100円のままであれば
 仕入を58円にしなければなりません。
 
 ところが【売上原価】を2%下げる場合には、そう簡単にはいきません。
 売上原価とは会計で使う会計用語です。
 まさに売上を計上するためにかかったコストです。
 
 売上原価を求めるには、会計では次の公式を使います。
 
 「売上原価 = 期首棚卸高 + 当期仕入高 - 期末棚卸高」
 
 製造業ではさらに製造原価が加わります。
 
 期首棚卸高、当期仕入高そして期末棚卸高を同時に2%下げなければ
 売上原価は2%下がりません。
 
 ところが、「期首棚卸高」は「前期末の棚卸高」です。
 すでに確定している金額は変えられません。
 
 そこで売上原価を2%下げるためには「当期仕入高」と「期末棚卸高」を下げ、
 全体の売上原価が2%下がるように計算しなければなりません。
 
 ◎2%下げた売上原価の金額 ÷ 下げる前の売上原価 = 0.2(2%)
 
 期末棚卸高を計算する際のぞれぞれの商品の単価は2%下がった後の金額です。
 期首棚卸高を変えずに当期仕入高と期末棚卸高だけを調整して
 全体が2%下がるようにするには複雑な計算が必要なようです。
 
 
 (次回に続く)
 
 
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
●MQ会計を実践で活用したい社長方、
 税理士、コンサルタントの方へぜひおススメです。
 
 「利益を増やすには粗利率の高い商品を売ればいい」
 
 というのは間違いです。
 決算書を見て「利益率を上げろ!」これも誤りです。
 
 率というのは結果です。この先の経営を考える場合、
 率よりも「MQ>F」が重要なのです。
 
 経営は率で考えてはいけません。あくまで「額」です。
 しかし、もっと重要な要素があります。それは「時間(H)」です。
 
 ▽2018年10月19日(金)~20日(土)
  東京・MQ会計2日間【理論と応用】 
 
 ▽2018年10月21日(日)
  東京・MQ会計【実践編】
 
 
----------------------------------------------------------------------
 ■□ 毎回の講義内容が好評です □■
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
▼2018年10月06日(土)/ 07日(日)
 東京・MG研修2日間
 
▼2018年11月13日(火)/ 14日(水)
 佐賀伊万里・MG研修2日間
 (この研修は参加条件があります)
 
----------------------------------------------------------------------
 
▽2018年11月30日(金)
 福島いわき・社長のための戦略MQ会計講座
 
▼2018年12月01日(土)/ 02日(日)  
 福島いわき・MG研修2日間
 
----------------------------------------------------------------------
 
▼2018年12月08日(土)/ 09日(日)
 京都・MG研修2日間
  ⇒ 近日受付開始
 
▼2018年12月15日(土)/ 16日(日)
 東京・MG研修2日間
 
--------------------------------------------------------------------------------
★マトリックス通信・バックナンバーは
 こちらからご覧いただけます。
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【発行元】株式会社アイティーエス https://www.mxpro.jp/
【発行責任者】宇野 寛  
【メルマガ登録・解除は】 https://www.mxpro.jp/touroku/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ※ブログやホームページ等への無断転載を禁止します。
  ただし、知人・友人への転送、社内での回覧はご自由にどうぞ。
  その際は全文を改変せずにご利用ください。
 

社長のための会計学

【無料メルマガ】

 マトリックス通信

 最新バックナンバー