税理士事務所について、あれこれ 税理士は選ばれる時代

■グーグルで「税理士 不満」と検索すると、数十万件がヒットします。

 そして表示されるのは、なぜか「税理士事務所」のホームページばかりです。

 

 ☆今の税理士に不満はありませんか?

 

 私のところではこんなサービスを提供しますよ

 と宣伝に必死です。

 そして不満の理由を並べたてます。

 

 

■おそらく他のホームページを参考にしたのでしょう。

  同じような文句が並んでいます。

  分類すると次のようになります。

  繰り返しますが、これは税理士自身のホームページに掲載された

 「税理士への不満」です。

 

  ◎業務、サービスに関する不満

  訪問頻度が少ない

  こちら側の意図を的確に把握してくれない

  依頼した仕事の進行、問合せへの対応が遅い

  ミスが多い

  専門用語を並べての説明が多く、話が難しくて理解できない

  こちらから質問しないと新しい情報の提供がない

  自計化に積極的でない

  ITが苦手なので会社のIT推進に積極的な提案がない

  無理に会計ソフトを換えさせようとする

  企業側が会計ソフトで処理しているにも関わらず

   税理士事務所で同じデータを再度入力している

  経理処理の基本的な指導がまったくない

  事務所の都合で仕事をする

  新しい税制への認識が浅い

  月次決算の報告が2~3ヵ月後と遅い

  決算対策と節税の有効な助言がない

  定期的な訪問指導がない

  休みが多くて体質が役所と似ている

 

  ◎税理士、職員に関する不満

  職員に対応を任せきりにしている

  相談にのってくれない

  税理士の資格がないものが担当である 

  職員の能力が低い

  所長税理士が会社に全く顔を出さない 

  税理士が高圧的で相談しにくい 

  態度が偉そうで気軽に質問ができない

  税務調査の際に税務署寄りの意見に同調する傾向があり、 

   こちらの意見を代弁してくれない

  不景気で困っているのに先生の車は高級車である

  誠意がない

 

  ◎価格に関する不満

  顧問料の見積りやサービス内容と報酬の関係が不明瞭

  年間に支払う報酬額が仕事の割に高い 

  どんな些細な仕事を頼んでも請求書が送られてくる 

  不景気にも関わらず以前に決めた高いままの報酬が続いている

  形だけの決算分析なのに高額な請求がくる

 

  ◎その他経営アドバイスなどの不満

  我社の業務内容に関心がなく的確な指導をしてくれない

  決算書の数字だけで経営指導を行おうとする

  決算分析の中身が何かの本の丸写し

  結局は「売上を増やせ、人件費削減」ではアドバイスにならない

  経営分析さえすれば利益が出ると思っている

  税理士本人が経営を知らない

  とんちんかんで的外れな答えを平気でする

 

 

■今は「税理士を選ぶ時代」です。

 税理士は経営者から選ばれるのです。

 

こちらもいかがですか