MG・MQ戦略ゲーム


 

利益を増やすには、

①固定費の削減

②原価率を下げる(粗利率を上げる)

③売上を増やす!

銀行マンや会計人など、経営を会計で考える人たちがよく口にするフレーズである。

経営分析もCVP分析(管理会計)も、習ったことや教科書に書いてあることに、

「ほう!なるほど」、と思った時点で思考が停止する。

その先を考えなくなる。

その結果、経営を率で考えコスト削減を叫ぶのだ。

未知の世界へ挑戦しようとする社長たちは、科学者と同じように考える。

これまで誰もやったことがない未知の領域に進むには、

最後は「やってみないとわからない」。

理屈の上ではできるはずでも、実際にやってみるといろんなことが起きる。

仮説(仮の答え)を立て実験し検証するしかない。

思考訓練、思考実験である。これが試せるのが「MG・MQ戦略ゲーム」である。


利益を増やすには、固定費を削減し、原価率を下げ、売上を増やすしかない!

ほんとうにそうなのだろうか。

管理会計でこれまで言われてきたことを、

「これはオカシイ、こうなるはずだ」という仮説を立てMGで実験してみた。

MGも実際の経営と同じで、社長の思いどおりに進むわけではない。

利益の先にはお客がいて、競合相手がいて、取引先がいて、そして社員がいる。

そう簡単に利益は出ない。

(実験その1)

できるだけ経費をかけずにやってみた。

人件費は最小限に抑え、保険もコンピュータもチップも買わず、設備投資もしない。

その結果、赤字、、、そして倒産路線まっしぐら!

(実験その2)

原価率を下げることを意識してやってみた。

「安い材料しか買わない」「仕入先をたたいて安く買う」「原価率を徹底的に下げてみる」その結果、赤字、、、そして倒産路線まっしぐら!!

実際にやってみると「原価率を下げることがいかに難しいか」、「経営は率ではなく額で考えなければならない」ことに気づく。

原価率は売値Pに対して相対的な比率なのだ。

(実験その3)

とにかく売上だけ増やす(PQの面積を広げる)ことを意識してやってみた。

その結果、赤字、、、倒産路線まっしぐら!!!

考えながらやらなければ、売上などそう簡単には増えないのだ。

そして「MQ>F」の重要さに気づく。


現実の経営では、業績は一気に悪くなるわけではない。徐々に悪化していく。

すべてが社長自身の責任だということを、MGをとおして実感する。

中小小規模企業は、「責任を取って辞任します」というわけにはいかない。

逃げ出すことができないのが中小小規模の社長たちだ。

倒産しかかった会社をどう立て直せばいい?

ゲームであっても「企業再生」はそう簡単にできない。

会計人たちが会計の知識でどうこうできるものではない。

会社が潰れるのは、売上不振でも、資金繰り難でもない。

その前には原因となる何かが必ずある。

それは「社長の意思決定」である場合も多い。

結果、売上不振や資金難という現象となって現れ、最後は倒産する。

MGは、社長がこの先やりたいことや考えていることを、

ゲームをとおしてシミュレーションできる場でもあるのだ。


「MG・MQ戦略ゲーム」は、参加者一人ひとりが社長になって、2日間で5年分の経営をするという体験型経営ゲームである。仕入、製造、販売だけでなく、資金調達、設備投資、人員採用、広告、研究開発、社員教育など、実際の経営と同じように社長自ら意思決定を行うのが特徴だ。結果は決算書に現れる。

社内での共通言語の必要性、社長が使う言葉の定義、意思決定のスピードの重要性、「会計・原価計算・戦略・計画」が含まれる。

社長のための、未来を考えるための会計(MQ会計+マトリックス会計)と現場の要素が融合し、経営数値を静止画像から動画に変換する訓練が組み込まれた強力なゲームである。

Vを上げてGを増やす

FをかけてGを増やす

QとFの間には深い関係がある

静止画像(教科書どおりの理屈)で考えているうちは、理解することはできない。

FとMQとH(時間)の関係を示す「f/m比率」や「MQ/F」、“FはMQを生み出すための重要な資源である”という感覚が、理論だけでは理解できないのである。

MGは経営を動画で考える訓練の場であると同時に、思考訓練や思考実験の場でもある。