なぜ2日間も必要なの?

社長たちは、普段から現場のことを考えています。

本を読んだりいろんな勉強会に参加し、

知識を深めるとともに、現場で「実践、行動」に繋げようとします。

学ぶことや知識を得ることを「理入(りにゅう)」。

これに対し、まずやってみる、実践する、行動に出ることを

「行入」といいます。「ぎょうにゅう」と読みます。

理屈から入るか、行動から入るか、

「理入・行入」は、仏教に出てくる言葉だそうです。

理屈だけで経営はできません。経営の書籍をいくら読んでも、

そのとおりにいかないのが中小企業の経営です。

失敗しながら、社員から不平不満を言われながら、反発を受けながら

それでも社員のことを考え、業績のことも考え、土日も考え続け、、、

それが社長の仕事です。

なぜ社長たちは2日間もかけてMG研修に参加するのでしょうか。

それは、気づきがあるからです。考えさせられるからです。

発見するからです。行入だからです。

そしてもう一つ、

MGには「教育」という重要な要素が含まれているからです。

では、教育って何でしょうか?

教育は「教え育てる」と書きます。

「教える」は、訓練をすれば誰でもできるようになります。

ところが「育つ(育てる)」となれば話は別です。

社長であれば「社員に育ってほしい」という想いがあります。

それにより「社長自身も育つ」からです。

しかし「どうしたら育つのか」、大きな悩みでもあります。

どうしたら自主的に行動するようになるのか

自分で考えるようになるのか

モチベーションが上がるようになるのか 

モチベーションの上げ方の勉強会に参加し、

理屈を習ったとしても、現実にはそう簡単に上がりません。

【自分で考え、自ら行動してこそ本当の満足が得られる】のですが、

なかなか思うようになりません。

本人の意識が変わらないかぎり、モチベーションなど上がりません。

MGは「教えない」教育

企業にかぎらず、学校教育の基本は「教えすぎない」です。

MG研修では、

1.考えること

2.気付くこと

3.発見すること

を大事にします。

どうすれば人は育つ?

自主的に行動を起こすには?

ところが多くの現場では、本人の気持ちを無視し、

教えすぎてしまう傾向にあります。

わかったか?、わかったか?、わかったよな、、、

もしかしたら「押し付け」かもしれません。

MGは基本、「教えない」教育です。

それは「育つ(育てる)」という部分を重視しているからです。

本人が何とかしようと一生懸命考えているところにあえて教えません。

せっかく伸びようとしている機会を奪わないためです。

質問があったときにはもちろん教えます。

MGでは本人の自主性を尊重します。

教えすぎるということは、、、

何でもやってあげる、教えすぎるということは、

伸びようとする本人のチャンスを奪います。

母親が小学生の子供に

ハンカチ持った?

宿題は終わったの?

今日は雨が降るから傘を持っていってね!

寒いからコートを着ていくのよ

友達とは仲良くして

学校に行ったら先生の言うことをよく聞くのよ

これを言い続ければどうなるでしょうか?

言われ続けたらどうなるでしょうか?

容易に想像することができます。

そしてこのような環境で育った人たちが会社に入ってくるのです。

人間はそうカンタンに変われるものではありません。

自分で考えろ!と言われても何をどうしたらいいのかわかりません。

変わるためには「何かきっかけ」が必要です。

「育つ(育てる)」の部分をどうするのか、

自主性とは何なのか、

本人に気付いてもらうためにはどうするのか、

この重要な部分が、MG研修には組み込まれています。

MGは教えない教育です。

そのためには、どうしても最低2日間が必要なのです。


研修のタイムテーブル (時間割り)

 MG研修のタイムテーブル、研修に関するお問合せは

  ⇒ こちらをご覧ください。 

 どなたでもご参加いただけます。