続)MQ会計もどき・女性税理士からのメール

■前回のメルマガ『続)MQ会計もどき・Sさんからのメール』に、

 ある女性税理士の方からメールをいただきました。

 

 社長方も参考に、ぜひご覧ください。

 

●今回のメルマガ「続)MQ会計もどき・Sさんからのメール」を読んで、

 Sさんと同じような経験をしました。

 感想を書かずにはいられなくなり、メールを差し上げます。

 

 私は、税理士試験を受験する前に

 経理学校で簿記会計を教えていた経験があります。

 これから資格を取得しようとする人たち、

 試験に合格することが目的の生徒さんたちです。

 Sさんの感想にもあったように、

 まさに勉強のための会計を教えていたわけです。

 

                ・

 

 税理士を目指そうと決意したのは、手に職をつけたいと思ったからです。

 「税理士になって何かをしたい!」というような特別な想いはありません。

 それなりの年数がかかりましたが無事合格。

 もともと簿記会計は好きな方でしたので、

 この知識が社長さん方のお役に立てば、という程度です。

 

 開業後は幸運にも関与先企業に恵まれ、さあやるぞ!

 もちろん専門は税務会計です。

 途中、管理会計にも興味をもつようになり、専門的に学びはじめました。

 ですからMQ会計に出会うまでは、それなりに分析の自信もありました。

 

 

●ある時期から疑問をもちはじめます。

 相手は経営者、私は経営の素人。 

 税理士の試験科目に経営はありません。

 経営については興味もなかったし、

 真剣に学ぼうとしたこともありませんでした。

 

 経理担当者と話をする分にはなんの問題もないのですが、

 社長とお会いするときは

 

 ・今日は何を話そう? という不安感

 ・何か役に立つような話をしなければならない

 ・でも社長はその業界のプロ、

  知ったかぶりをしたところで恥をかくだけ

 

 社長と話をするのが、だんだんと苦痛になっていきました。

 世間話はもっとも苦手です。

 無難なところで、やっぱり数字や分析の話になってしまうのです。

 

 ・決算書をわかりやすく解説するにはどうする?

 ・棒グラフや円グラフを使ってわかりやすい資料を作る

 ・数字だけの帳表よりはましだろう!

 

 

●あるとき、Sさんと同じように「未来XX図」の研修に参加しました。

 決算書をどう商品化していくのか、

 どうやって事務所のブランドを作り上げていくのか、

 解説のしかたや見せるための手法など、所詮テクニックにすぎません。

 決算書に疑問をもちはじめていたので、導入する気にはなれませんでした。

 

 「このままでは、私自身満足を得られないし社長方にも迷惑がかかる」

 「この先、私はどうすればいいのだろう?」

 悩み考える日々が続きました。

 

 そんなとき、定期的に訪問しているある会社の社長から聞かれます。

 「XXさんはどうして税理士になったのですか?」

 そして会社を創業した理由を話してくれました。

 

 そうか! 世の中の多くの社長方は、想いを持って経営をされている。

 しかも、時間をかけて、お金をかけて、自分よりもまず社員を、

 社員の家族をと、命がけで。

 

 決算書の解説を聞かされる社長方は、その間は貴重な時間です。

 懸命に経営されている方々に、税理士は「税務会計」を通して

 何ができるのでしょうか。

 何をすべきなのでしょうか。

 

 「そうだ、社長方も同じように悩んでいるに違いない」

 売上のことだったり、

 資金繰りのことだったり、

 社員教育のことだったり、

 新製品の開発のことだったり、

 

 つまり社長が考えているのは常に「この先の未来のことなんだ!」

 

 

●これまで、良いと思って手当たり次第に参加していたセミナーを、

 社長方と一緒になって考えられる(専門的でない)ものに絞り込みました。

 MQ会計というものが世の中にあることを知り、

 参加したのがMQ会計を開発された西順一郎先生のMG研修でした。

 その場で『利益が見える戦略MQ会計(かんき出版)』を購入し

 読み始めました。

 

 これを書いた宇野寛さんという人は何者なのだろう???

 興味が湧いて、メルマガも登録しました。

 ずいぶん辛口だな、税理士の悪口も平気で言うし、

 税理士を敵に回している感じもしました。

 

 たしかに、、、言っていることは当たっているなぁ

 

 納得できる部分もたくさんあります。

 メルマガのバックナンバーも時間を忘れて読みました。

 是非、宇野さんに会って直接話しを聴きたいと思い

 宇野さんのセミナーに参加しました。

 

 そして、感じたことは、、、

 

 

■多くの税理士の方々は、

 社長のために決算書を経営に役立ててもらおうと考え、

 セミナーや研修会にも積極的に参加します。

 

 月次決算、決算分析、決算報告会、経営診断、

 そして経営アドバイス。

 

 この状況は、私が会計事務所に勤めていた30年以上前から

 変わりません。

 

 考えてみると、これは提供する側(税理士)の一方的な発想であって、

 とくに、これから会社を興して経営者になろうとしている人たちにとって

 「ほんとうにこれでいいのか!」と思ってしまいます。

 

 会計(決算書)の枠の中だけで

 企業の利益や業績を測定し、分析するような手法や考え方が、

 これから伸びようとしている経営者の芽を摘んでしまいます。

 

 

■彼女のメールの最後には、こう書いてありました。

 

 社長方が税理士に求めているものは、

 決算書の分析や解説でも、

 売上を上げるための手法でも、

 経営のアドバイスでもない。

 

 税理士が伝えられるものは、利益を増やすための「正しい考え方」。

 正しい考え方があって、はじめて手法が役に立つのではないのか。

 

 ホンモノのMQ会計に触れてみて(MQもどきではなく)、

 気が付きました。

 MQ会計の本質を社長と一緒になって学び、

 一緒に実践してこそ、業績アップに貢献できる、と。

 

 

■税理士が社長方に真剣に向き合うのあれば、

 指導する立場(先生の立場)から、経営の現場へと入り込み、

 社長と一緒になって、取り組んでいかなければなりません。

 

 だからこそ、けっして難しくはなく、専門用語も使わずに、

 それでいて経営の本質、収益構造の本質までたどり着くことができる

 ホンモノのMQ会計を学んでほしいと思います。

 

 ・決算書を経営に活用しなければ、、、

 ・社長方に指導してあげなければ、、、

 ・きれいなグラフにして報告してあげなければ、、、

 ・わかりやすい図表で説明してあげなければ、、、

 ・きちんと解説してあげなければ、、、

 

 という義務感や思い込み、そしてテクニックばかりの追求、

 いったい、いつ、誰が言い出し、やりはじめたのでしょうか。

 

 この根本的な部分、問題を、考え直す時期に来ていると思います。

 

 

 ※)『MQ会計』は、これを考案開発された西順一郎先生の会社、

   株式会社西研究所の登録商標です。

   P、V、M、Q、PQ、VQ、MQ、F、G は

   西順一郎先生の著作物です。

 

こちらもいかがですか